リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL35節 カーディフ戦≪データ編≫

 

f:id:GK-lab:20190423124008p:plain

スターティングメンバー

 

 

◼️リバプールvsカーディフ戦のデータ編!

◼️流れの中で点がとれない苦しい戦い!

◼️試合を決めたのは「セットプレー」

 

 

予想フォーメーション、予想キープレーヤーが書けなかった・・・

 

外れると評判の予想シリーズですが笑、それでも力を入れているモノでもありますので、これは悔しい限りです

 

どうにかせねば・・・

 

 

とりあえず、切り替えてカーディフ戦のデータ編から参りたいと思います。

 

それでは、どうぞ!

 

 

《AWAY》 
■メンバー 
リバプール 
GK:アリソン 
DF:アーノルド マティプ ダイク ロバートソン
MF:ヘンダーソン ワイナルドゥム ケイタ
FW:サラー オリギ マネ 


Sub:ファビーニョミルナー、ゴメス、スタリッジミニョレシャキリ、オリギ
監督:クロップ


カーディフ

GK:エザリッジ
DF:ペルティア    モリソン    マンガ    ベネット
MF:ホイレット    カマラサ    グンナルソン    ロールズ  ラング
FW:ニアッセ


Sub:ゾホレ、マーフィー、スミシーズ、レイド、バクーナ、カニンガム、ハリス

監督:ウォーノック


■得点:2-0 リバプール勝利! 
■シュート数:17ー7
■枠内シュート数:6ー2
■ボール支配率:77%-23% 
■パス数:623ー194

■パス成功率:85%ー54% 
■ファウル数:5-6

イエローカード:1-1
■レッドカード:0-0 
オフサイド:2-4
コーナーキック:10-5

 

■試合経過

 

・57分

リバプール 1ー0 カーディフ
⇒ワイナルドゥム

 

・57分 
ニアッセOUT⇔ゾホレIN

 

・71分 
ケイタOUT⇔ファビーニョIN

 

・75分 
ファビーニョOUT⇔ミルナーIN

 

・79分 
ロールズOUT⇔バクーナIN

 

・80分 

グンナルソン、イエローカード

 

・81分 
リバプール 2ー0 カーディフ
ミルナー

 

・83分 
ホイレットOUT⇔マーフィーIN

 

・86分 
アーノルドOUT⇔ゴメスIN

 

・90分 +1
ミルナーイエローカード

 

 

ー試合終了ー 

 

 

 

 ある意味、リバプールに取っては何回もぶつかって来た問題の様な相手でしたね。

 

ハーフウェーラインまで守備を引き、危険を察知したらすぐゴール前に守備ブロックを敷く。

そして、スピードとシンプルさを追求したカウンターで攻めてくるような相手。

 

今回のカーディフはまさにそんな相手でした。

 

リバプールもこの状況に苦戦。

前半はフィルミーノとサラーの決定機があったものの、それ以外は目立ったチャンスを作ることが出来ません。

 

それどころか、リバプールの右サイドを集中的に狙われるという展開。

単純にラングのスピードが速い為、アーノルドが後手にまわっています。

 

さらに、セットプレーでも決定機を作られます。

 

ここはアリソンとディフェンス陣がよく守ってくれました!

 

 

しかし、流れの中で上手く形を作れないまま、前半は終了。

 

ですが、後半になってカーディフの攻撃の起点を潰すことによってチャンスを作り始めます。

マネやヘンダーソンのシュートは惜しいモノがありました!

 

そして、より対人が強いファビーニョを入れたリバプール

 

・・・が、ヘディングの競り合いにより、ファビーニョが数分でミルナーと交代。

 

 

ファビーニョは大丈夫でしょうか・・・

 

 

段々と形は出来ているものの、いまいち流れの中でチャンスを決めきれないリバプール

しかし、勝負を決めたのはセットプレーでした

 

 

昨シーズンはセットプレーに得点のイメージがあまり無かったリバプールですが、今年は違います。

 

56分に右からのコーナーキック、そして81分にPKとセットプレーを確実に決めます。

セットプレーに工夫を凝らしているのは明らかに昨シーズンとは違います。

 

 

それが試合を決定づけてくれましたね!

 

 

引いた相手に対する攻略法。

もちろん崩し切るのも大事ですが、セットプレーを確実に決める

 

そういった攻略方法も大事ですね!

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

シーズン中にはこんな試合も必ず何試合かあり得ます。

・・・相手が強豪でなくてラッキーでしたが笑

 

しかし、こういった展開の時にセットプレーで得点が出来るのは素晴らしいですね!

 

後はこの様な試合は、相手の数少ないチャンスをいかに防げるか?

クリーンシートで終えることが何より大事です。

 

無論、不慮の事故みたいな失点もありますが、それ以外は守りきる!

そういった組織力が大事です。

 

そういった意味ではアリソン、ダイクを中心にリバプールはよく守り抜きました!

 

 

昨シーズンでは持ち合わせていなかった、新しい要素を引っ提げて、再び首位に躍り出ることが出来ましたね!

 

 

さて、次回はカーディフ戦の評価編になります。

 

 

それでは、また!