リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

CLベスト8 ポルト2ndレグ≪予想キープレーヤー ポルト編≫

f:id:GK-lab:20190409164210p:plain
ポルト

ポルト戦2ndレグ、予想キープレーヤーポルト

■組織された強固な守備、そしてカウンター!

■そして、サイドを使ったフィジカル勝負!



さて、前回の予想フォーメーション、予想キープレーヤーリバプールに続き、ポルトのキープレーヤー編になります。
※予想フォーメーション、予想キープレーヤーリバプール編はコチラ
www.liverliverliver.com
www.liverliverliver.com



再三お話しましたが、追い詰められたポルトはホームの声援のもとに、特攻とも言えるべき猛攻を仕掛けて来ると思われます。

そして、エレーラやぺぺの復帰によりほぼベストメンバーが揃います。
・・・あのローマを下したメンバーがエスタディオ・ド・ドラゴンで揃い踏みます。


しかも、ことCLにおいてポルトはホームで無敗。
未だに負けたことがありません。


ですが、ホームのポルトを一番最後に負かしたのは昨シーズンのリバプールです。
最後にエスタディオ・ド・ドラゴンで土をつけたリバプールが再び相まみえるのです。


相手としても追い詰められた気持ち、準決勝に勝ち進めたい気持ちだけでは無いでしょう。


さぁ、因縁浅からぬリバプールポルト

ポルト側のキープレーヤーを紹介しましょう!




【キープレーヤー No.1】
マレガ

やはり彼が最注意プレーヤーでしょう。
ポルトマレガを中心に攻撃を展開していくハズ。

その中で気をつけるべきプレーを紹介します。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190417150454p:plain
サイド起点のフィジカルプレー

リバプールとしては一番防ぎづらいプレーの1つとして上げられるのはサイドを起点としたプレーです。
特にアーノルド、ロバートソンマレガが競った際・・・どちらが勝つかなんてほぼ明確です。

そこでマレガがサイドから侵入し、ゴール前にポルトのプレーヤーが流れ込む。
想定し得る最悪の形の1つだと思います。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190417151121p:plain
ロングカウンター

ポルトがカウンターへ持ち込むとしたら、まずダイクは避けるハズ
そうなるとマティプとマレガのスピード勝負になると思われますが、マティプとしてはフィジカルも含めてかなり劣勢になることでしょう

※ロブレンが病気の為、図では違いマティプがスタメンと予想されます。


リバプールがボールを保持する展開が予想される以上、こういった形でのカウンターは何度か発生する可能性があります。
この様な形を発生させない為にも、カウンターの芽を摘む中盤の動きが大切になってきます。




【キープレーヤー No.2】
エレーラ

本来エレーラはボックストゥボックスのプレーヤーで、ドリブルポジショニングの良さからのインターセプトだったりがフォーカスされがちですが、今回彼の注目すべきプレーは別にあります。

ミドルシュート、セットプレーでのトリックプレー

こういった部分をお話します。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190417152221p:plain
ミドルシュート

図では簡単に書きましたが、FWやサイドの人数をかけた攻めの中で1.5列目でのポジショニングからミドルシュートを打たれるのは非常に危険です。
無論、ミドルシュートを狙うのは彼1人では無いため、1.5列目のゾーンへのディフェンスも注視する必要があります。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190417152920p:plain
セットプレーでのトリックプレー

前回のポルト戦から間もない中、連携や戦術の修正ももちろん必要ですが、一番得点するチャンスを増やせるのはセットプレーでしょう。
しかも、今回の試合はかなりのファールが出てくることが予想されます。

そのため、セットプレーのチャンスも必然的に増えます。
ここで何かしら手を入れることも十分に考えられますね。

前線のプレーヤーやCBは通常通り競り合うでしょうが、エレーラあたりがフリーマンとして動かれるととても厄介です




【キープレーヤー No.3】
ぺぺ

まさかの図が消えた・・・笑
ここは文字でぺぺのキープレーを紹介しましょう。

ぺぺについて、気をつけるべきことは彼の経験とフィジカルあたりが中心になってきます。

そこをメインに説明しますね。



キープレーその1

1つ目は経験値。
特にレアル時代に培ったメッシ潰し。

よくレアル対バルサではCBが中盤に降りてくるメッシを潰すことがありました。
この経験をもとに、中盤に降りるフィルミーノが潰される可能性があるので気をつけなければなりませんね。



キープレーその2

2つ目は彼を中心に形成される守備ブロックですね。
レアル時代から組んできたカシージャスとのタッグに、予想フォーメーション通りであればディフェンスラインの中心はほぼポルトガル語スペイン語圏のプレーヤーばかりですからね。


母国語で緻密なコーチングができるのはある意味、非常に危険厄介です。
伝達のスピードや細かさが違いますからね・・・


ポルトとしては得点も大事ですが、失点も絶対に防がなければなりません。
そこはぺぺを中心としたブロックで守り抜くことが予想されます。




いかがだったでしょうか?

このポルト戦さえ勝ち進めば、準決勝戦にはあのバルセロナが待っています。

準々決勝においてマンチェスター・ユナイテッドが1点もとることが出来なかった、そして計4点も得点をしたスペインの強豪と戦うことになります。
そこにはメッシが、スアレスが、コウチーニョが在籍しています。

もしかしたら、今季を逃したら彼らはもうバルセロナにいないかもしれません。
今季こそ彼らと戦える絶好の機会なのです。


そのためにも今回のポルト戦、必ず勝ちましょう!



それでは、また!