リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpoolの戦術や長めの雑記ネタを中心としたブログです。1記事3~5分くらいの文章になりますので、お手すきの際にどうぞ♪

CLベスト8 ポルト2ndレグ≪予想キープレーヤー リバプール編≫

f:id:GK-lab:20190409164210p:plain
ポルト


ポルト戦2ndレグ予想キープレーヤー、リバプール編!

■予想されるはファール覚悟の特攻!

■サイド攻撃×セカンドボール奪取×カウンターの起点潰し!


さて、前回のフォーメーション編に続きまして今回はキープレーヤー、リバプールになります。
※予想フォーメーション編はこちら
www.liverliverliver.com



今朝方、ロブレンの病気でポルト戦から離脱することになりましたね。
マティプでも全然フィジカルが強いので問題ないとは思いますが、相手はマレガだったりソアレスだったり・・・

単純なフィジカル勝負であればロブレンの方が安心な分、少し不安な気もします。


それだけ、今回は特攻とも言えるようなゴリゴリのフィジカルサッカーポルトはしてくると予想されます。

例えば、マティプやSB相手にマレガだったり、ソアレスフィジカル勝負に持っていかれると、マティプならまだしもSBのアーノルドやロバートソンが勝つのはまぁ厳しいでしょうね・・・

イメージ的には以前のマンチェスターユナイテッド戦でルカクロバートソンと競って、起点を作る様なプレーです。


前回、話していた「あるプレー」はこのことなのです。
マレガルカクほどではありませんが相当なフィジカルとスピードを併せ持ったプレーヤーです。


・・・まぁ、ここはポルト戦で改めて説明します。



とりあえずはリバプールポルト攻略についてお話していきましょう!

それでは、どうぞ!




【キープレーヤー No.1】
ダイク

予想フォーメーションにて、リバプールは攻めると話しましたがやはり攻めるための地盤は必要です。
改めてこの試合ではダイクのパスが大切なキープレーになると思われます。


無論、毎試合で彼のパスはリバプールにとって無くてはならないモノではありますが、
想定されるポルトのあるパターンにおいて、ダイクのパスが火を噴くが吹くことでしょう。


そちらを紹介致します!



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190417115137p:plain
サイドチェンジ

キープレーの1つ目はサイドチェンジ
攻撃時で想定されるポルトのプレーは1つは人数をかけて攻めてくるということ。

負けているんだから当然ですよね。
当然、リバプールのビルドアップ時もハイプレスをかけてくると思われます。

そのプレス回避の為にも彼のサイドチェンジは必要です。
無論、パス先はアーノルドやロバートソンだったりするので、図のようなチャンスを創出するような攻撃にも繋がります。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190417120005p:plain
ディフェンスの裏を狙うフィード

もう1つは単純にディフェンスラインの裏を狙うフィード
ポルトのディフェンスラインはあまりスピードがありませんからね。

もし、ポルトが負けているにもかかわらず、ハーフウェーラインからの守備に徹してくれるのであれば、
しっかりビルドアップして、そしてサイドを中心に攻略していきましょう!



キープレーその3
とは言え、90分の試合の中では何回かカウンターのタイミング、そして決定機が訪れるハズです。
彼に求めるのは相手のカウンターをしっかり止めるということ、そしてディフェンスラインの統率し守り抜くことが重要です。




【キープレーヤー No.2】
ケイタ

1stレグのMVPには引き続き2ndレグにも活躍してもらいます!
今回は中盤全体にお願いしたいこと、そしてケイタにだからこそお願いしたいことを紹介します。

相手のフィジカルサッカーで怪我だけはしないで欲しいですけどね・・・


それでは、どうぞ!



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190417121506p:plain
セカンドボール、ルーズボールを拾え!

まず、中盤全体にお願いしたいことは相手のクリアボールをしっかりマイボールにすること
カウンターの芽を摘むということがこの試合において一番大事なことになります。

その分、相手とぶつかりかねないシーンがある為に少し不安なところではありますが、
ここで負けてしまうとローマの後を追ってしまいかねません


マイボールに出来そうになければクリアや時間をかけるなど、とにかくカウンターのチャンスをなくすことが最大のミッションになることでしょう。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190417122338p:plain
チェルシー戦で見たプレー

ケイタチェルシー非常に面白いプレーをしていました。
前半にマネとポジションチェンジをし、左サイドに張ってサイドチェンジを受けるというプレー。

このプレーこそ、ポルト戦で期待をしています。
ポルトもFW達へのマークは最大限の注意を払うと思いますので、その裏を突いてケイタがフリーでボールを受ける

それができればリバプールのサイド攻撃もより厚みが増します。



キープレーその3

f:id:GK-lab:20190417123054p:plain
ミドルシュート

そしてサイドを中心に攻めると、ポルトはディフェンスを組織して中央をしっかり守ることでしょう。
もちろん、細かいパスでゾーンを崩すことも素晴らしいですが、ミドルシュートを打つことで、大きいクリアをさせてマイボールを狙う、そしてミドルを警戒させることで1列目と2列めのディフェンスラインの間を広げてパスを通しやすくする

後はミドルを打つことで得点そのものも狙うことが大事です。
上手くディフレクションすれば1stレグの1点目のような得点も期待出来ますしね。




【キープレーヤー No.3】
アリソン

アリソンも間違いなく、この試合において重要なキーパーソンになることでしょう。
守備は無論ですが、彼の足の技術もこの試合においては大いに重要なプレーになると思われます。

守ること、そして攻めの起点になることを彼に期待しています!




キープレーその1

f:id:GK-lab:20190417122338p:plain
アリソンのサイドチェンジ

ポルトのプレスにより、リバプールのディフェンスラインがまともにビルドアップ出来ない場合、アリソンがフィードをすることになるハズ。
中途半端につなぐことは今回かなり危険な状況を生みますので、最悪クリアでも良いので、上記の様なサイドチェンジを展開してくれることを期待します。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190417123634p:plain
素早いスローイン

次に相手の攻撃でアリソンがボールをキャッチすることが出来た場合。
例えばポルトが人数をかけて攻めてきた状況であれば一気にカウンターを狙えます。

アリソンの判断の速さと強肩があれば、それだけでチャンスを作ることができるでしょう!



キープレーその3
図で語る必要もありません。
アリソンにはセーフティにクリアすること、そして持ち前の守備範囲の広さやポジショニング、反射神経の全総力を活かしてポルトの猛攻を防ぎきって下さい!




いかがだったでしょうか?

リバプールとしては
⚫サイドを使って守備的ブロックをいかに崩すか、ブロックを作る前に裏を狙うか
⚫いかにセカンドボールを拾うか、ルーズボールを制するか
⚫カウンターを事前に防ぐか、カウンターになっても(特にマレガから)守れるか


この3つに集約されてくると思います。
もちろん、ガンガン前からプレスをかけて来るかと思いますが、ポルト自体がそれほど激しいプレスを売りにしてはいないので、マンチェスター・シティバイエルンなんかと比べれば余裕でビルドアップができると思います。


そして、ある程度敵陣でボールをまわせて来ると自陣で守備ブロックを固めてカウンターになって来ると思いますので、
そこから上記の3つを遂行できればOKなハズ!

ただ、相手はファール覚悟でプレスをかけて来るので、ギリギリでのパス交換は下手したらプレーヤーを負傷させかねません。
なのでしっかりスペースを見つけながら展開していければと思います。


もう、チェンバレンの様なことは起こしてはいけませんからね・・・


さて、次回はポルト側のキープレーヤーを紹介します!


それでは、また!