リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

CLベスト8 ポルト2ndレグ≪予想フォーメーション≫

f:id:GK-lab:20190409164210p:plain
ポルト

◼️予想されるポルトの猛攻!

◼️ペペ、エレーラが復帰!

◼️凌ぐ?いや、攻める!!




チェルシーの興奮も冷めやらぬ中、日本時間4月17日(水)28時からCLベスト8のポルト戦2ndレグが始まります!


チェルシー戦の激闘を終えた直後、日程的に厳しい条件でのアウェー戦になることでしょう・・・


そして、向こうは1stレグを2ー0で落としています。
エスタディオ・ド・ドラゴンでのポルトはホームの雰囲気を巻き込んでリバプールに襲いかかってくるでしょうね。


では、リバプールはどうするか?
猛攻に耐え忍ぶ形の守備的布陣を敷きますか?



・・・今までクロップが、そんな消極的な戦術を取った試合は見たことがありません。



アウェーでも関係なく、ボールを保持し時にカウンターを繰りだしながら攻めることでしょう!



それでは、来るポルト戦の予想フォーメーションを紹介します!



f:id:GK-lab:20190416001802p:plain
予想フォーメーション



予想はチェルシー戦の布陣でそのまま挑むと考えています。

幸い、消耗の激しい両CMFのヘンダーソンケイタチェルシー戦を途中で交代しています。



ヘンダーソンチェルシー戦で負傷退場したものの、大事には至っていないとのこと。

コレは朗報でした!


・・・むしろ、気になるのはワイナルドゥム。
途中で投入された彼の方が背中の痛みからか厳しい表情をしていました。



ミルナーに関しては、後半で流れがポルトに傾いた際の「切り札」としての投入が予想されます。


ララーナも筋肉系の負傷を負っているみたいですし
・・・意外と消去法でのファーストチョイスが図の中盤なのかもしれません。



めちゃくちゃ機能してますけどね笑



そして、彼らに期待したいことは
●セカンドボールの奪取
●プレス


まずはこの2つをメインに、それぞれの役割が振り分けられることでしょう。



この試合において1番恐いのは、ポルトのなりふり構わないフィジカルサッカー。


似た状況のCLベスト16、ローマ戦でも同様のサッカーを繰り広げています。
結果、勝ちはしたものの、総ファール数39回、総イエローカード数9枚の大荒れ試合でした。



ですが、こういった乱戦に持ち込まれると、多くのセットプレーを与えてしまいます。

自陣ゴール前でセットプレーの乱戦に持ち込まれ、そこでマレガやソアレス、ペペの様なフィジカルが強いプレーヤー達を暴れさせるなんて危険以外の何物でもありません


なのでリバプールの中盤には、そうなる前にセカンドボール奪取とプレスで芽を摘んでもらいたいのです。



守備的にゴール前でボールを回すのでは無く、あくまで積極的に攻め、セカンドボールやルーズボールを奪取していきましょう!
そうすれば、自陣でのセットプレー復帰するエレーラなどのミドルを打たれるチャンスを減らすことが出来ます。


戦局を有利に攻めたいのであれば、攻撃あるのみです!



・・・まぁそれでも、「あるプレー」に一抹の不安がありますが。


そこら辺は予想キープレーヤー編でお話しましょう!


それでは、また!