リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

CLベスト8 ポルト戦≪予想キープレーヤー ポルト編≫

f:id:GK-lab:20190409164210p:plain
ポルト


■予想キープレーヤー、ポルト編!

■ぺぺの激マークにフィルミーノはどうする!?

■マレガも危険だが、もう1人・・・

※追求

リバプールのロバートソン、ポルトのエレーラ、ペペは累積による欠場が決まってます。

よって予想と布陣が大分変わる事になります。

併せて私があげたキープレーヤーも出場しないことが決まっています。

私の記事で混乱させてしまい、申し訳ございませんでした。





さて、今回はポルト側のキープレーヤーを紹介します!

※予想フォーメーション、予想キープレーヤー リバプール編はコチラ
www.liverliverliver.com
www.liverliverliver.com




ポルトはよく守備力の高さやマレガの攻撃センスを紹介されています。

実際にポルトのディフェンスラインはほぼスペイン語ポルトガル語が母国語のプレーヤーが多いですし、その編は意思疎通がしやすいのもあるのかもしれません。
マレガに関してはDAZNの特集にもなっていましたね。


しかし、そのポルトのディフェンスラインで一番気をつけるべきは誰なのか?
本当に攻撃で気をつけるべきはマレガだけなのか?



今回はその辺のプレーヤーがキープレーヤーとなりそうです。


それでは、どうぞ!






【キープレーヤー No.1】
ぺぺ


ディフェンスラインで1番気をつけるべきは彼でしょう。
ダーティーなプレーをするからではありません。

彼は元レアルのCBです。
そしてレアルのCBとして常に戦ってきたプレーヤーといえば、バルセロナのメッシです。

そうなると、彼みたいな1.5列目で動くプレーヤーと戦うのは慣れているのではないでしょうか?

・・・フィルミーノが危険な気がします。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190409201819p:plain
中盤に降りるフィルミーノへのマーク

・・・下手したらフィルミーノが封じられるかもしれません。

図で書いた様にレアルのモウリーニョ政権時、対メッシはラモスが中盤までマークをすることが多かったのですが、ケースバイケースでぺぺもメッシへのマークを行っていました。

そのプレーに慣れているとなると、フィルミーノの効果が半減するかもしれませんね・・・



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190409190648p:plain
クロスでの肉弾戦

単純なクロスだとぺぺやフェリペもフィジカルが強いのでリバプールの前線だと話になりません。

工夫しないと得点の可能性すら感じることができないでしょう。




【キープレーヤー No.2】
エレーラ

カウンターでも遅攻でもドリブルで運ぶとしたら彼でしょう。
彼のドリブルでファビーニョが連れ出されると少し面倒かもしれません。

私はポルトの試合をあまり見ていなかったのですが、実際に見てみるとマレガと同じくらい・・・もしかしたらそれ以上にマズい存在がエレーラと共に浮上しました。

まずはエレーラの紹介からいきましょう。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190409202429p:plain
ファビーニョのスペースを利用される

単純なエレーラファビーニョのマッチアップであれば、ファビーニョに分があると思うのですが、
問題はツートップの一角、ソアレスにそのスペースを使われることです。

もし、相手の時間帯に移ったときはエレーラとソアレスのプレーに気をつけた方が良いかもしれません。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190409202722p:plain
エレーラの飛び出し

基本的に図のような状況になるとソアレスミドルシュートを打つ傾向が多いみたいですが、エレーラが飛び出しで絡む際にマレガがフリーランでCBを誘導させる為、結構エレーラのチャンスっぽいところがあります。

飛び出しにはダイクケイタがそのままエレーラについていく形が考えられますが、マレガをフリーには出来ないためケイタがついていく形になると思います。

ケイタのディフェンスは少し心配なところがあるので、この状況は少し危険かもしれません。




【キープレーヤー No.3】
ソアレス

エレーラと共に浮上した危険なプレーヤー。

マレガももちろん危険なフィニッシャーなのですが、ソアレスのプレーの引き出しも注意しなければなりません。

特にあのガタイからは想像できない1.5列目のプレー。
正直、精度の高いプレーでは無いですが、そこからのミドルは結構危険です。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190409202429p:plain
1.5列目のプレー

リバプールにとっての弱点はボランチのスペースを利用されること。
図のようにエレーラファビーニョを引きつけ、1.5列目に下がったソアレスがそのスペースを使うとマズいです。

そして、彼のミドルは中々驚異なので冷静に対処しなければなりません。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190409202722p:plain
エレーラを引き出し、マレガを使う

彼のプレー次第ではエレーラもそうですが、ツートップの一角のマレガも活きることになります。
ソアレスが1.5列目に下がることでポルトの攻撃の引き出しがかなり増えるのです。




いかがだったでしょうか?

正直、予想もつかないポルト
確実にリバプールが優勢だと思うのですが、ローマがボールを支配されて負けていますし・・・

とは言え試合を見ていても、リバプールが苦戦しそうな相手でも無さそうだし・・・


読めない笑


コチラの理想としては早めに点差を広げて、チェルシー戦の準備やシャキリ、ゴメス、チェンバレンの復帰戦を見てみたいモノです。



さて、ポルト戦も残すところあと数時間

がんばって応援していきましょう!



それでは、また!