リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第33節 サウサンプトン戦《予想フォーメーション編》

f:id:GK-lab:20190404123050j:plain
サウサンプトン


■PL第33節、サウサンプトン

■ガチガチ固めてカウンターは必須!

■期待される「あの選手」の復帰!





日本時間4月5日(金)28時よりPL第33節サウサンプトンがキックオフします!

サウサンプトンと言えば、リバプールのイングスが在籍しており、ララーナマネダイクが在籍していたある意味お得意様です笑

彼らは現在、プレミアリーグ16位
勝ち点は33降格圏のカーディフと5ポイント差というギリギリの立場にいます。


それだけに意地でも勝ち点は欲しい所。


・・・ではリバプール相手にどの様な試合展開をしていくのか?


まずはいつもどおり、予想フォーメーションから紹介していきましょう!


それでは、どうぞ!




f:id:GK-lab:20190404191135p:plain
予想フォーメーション


フォーメーションですが、残念ながらイングスはベンチと予想
サウサンプトンはガチガチに引いて守り、そこからレイモンドウォードプラウオースティンを中心としたカウンターを展開してくると予想しています。


リバプールの戦術上、両SBが高いポジショニングを取るので、ウォードプラウレドモンドを中心にそのスペースを使い、中央のオースティンに合わせるという戦い方をしてくると思われます。


もしくは、オースティンをポストにしてロメウ辺りが楔のパスを入れ、レイモンドウォードプラウが裏へ走るなどが考えられます。
この間のブライトン戦では、ロメウの縦パスの意識がかなり強かったので、もしかしたらリバプールにおいても積極的に縦パスを繰り出して来るかもしれませんね。



レドモンドに関してはスピードがあるプレーヤーなので、下手に縦パスを通されてスピードに乗らせると厄介です。
なので、できるだけ相手のペースでボールを回させたくないです。

まぁ、基本的にはリバプールがボールを持つ試合展開になると思いますが、向こうのビルドアップカウンター時は気をつけた方が良いかもしれません。




いかがだったでしょうか?

・・・実は今回のサウサンプトンで私が一番期待していることは、

「後半からチェンバレンが出てくるのではないか?」

ということです。


コンディションも整いつつあり、言い方はアレですが、相手としてもちょうど良い。
もし使われるとしたら、ある程度点差があり、かつ余裕のある状況でしょうが、今が良いタイミングなのではないでしょうか?


それこそ、私の予想に反してスターティングメンバーとして登録されたら嬉しいですけどね!


さて、次回はキープレーヤー編になります。
それでは、また!