リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第33節 サウサンプトン戦《予想キープレーヤー リバプール編》

f:id:GK-lab:20190404123050j:plain

サウサンプトン


 

 

 

◼️サウサンプトン戦キープレーヤー編!

◼️引いた相手を崩し切れ!

◼️サイドを攻略せよ!

 

 

 

さて、前回の予想フォーメーション編に続き、今回は予想キープレーヤー編です。

 

※予想フォーメーション編はコチラ

www.liverliverliver.com

 

 

 

今回のサウサンプトンプレミアリーグから降格しない為に、意地でも勝ち点を拾いたいハズ。

 

 

そうすると、例えサウサンプトンのホームでも、引き分けでも良いと考えてくる可能性があります。

 

 

では何をするか?

 

 

フォーメーション編でお話したように、私はサウサンプトンドン引き+カウンターで挑んでくると考えます。

 

とすると、リバプールの課題としては

 

「ドン引きディフェンスをどう攻略するか?」

 

これにかかっています。

 

では、この課題を解決するために必要なキープレーヤーをこれから紹介します!

 

 

それでは、どうぞ!

 

 

 

 

【キープレーヤー    No.1】

ロバートソン

 

ロバートソンは前回のトッテナム対3CB+2WBへの回答を叩き出しました。

 

・・・まぁチーム全体の戦術と言えばそれまでなのですが笑

しかし、ロバートソンだからこそ出来るプレーだとも思っています。

 

それではロバートソンのサウサンプトン戦攻略方法を紹介します。

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190404201847p:plain

サイドからの攻略

 

 

すいません、リバプールのスタメンを前回からいじくりました笑

ワイナルドゥム⇔ミルナーとさせて下さい。

 

マネフィルミーノが前線で、ファーのサラー1.5列目から狙うパターンです。

 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190404201928p:plain

インナーラップで空いたスペースへ!

 

もはやロバートソンは外だけではない!

 

 

アーノルド同様、インナーラップでのプレーも形になっているので後は結果を残すのみです!

 

 

 

キープレーその3

f:id:GK-lab:20190404202004p:plain

カバーリング

 

サウサンプトンの要注意プレーヤーはレドモンドです。

・・・ですが、だからと言ってウォードプラウズを放っておいてはいけません。

 

 

特にレドモンドで崩され、ウォードプラウズでトドメみたいな決定機は何としても阻止して下さい。

 

 

 

 

【キープレーヤー    No.2】

ダイク

 

ダイクの怪我が軽いモノで良かった!

彼がキープレーヤーの2番目です。

 

そのパス精度とフィジカル!

おおいに期待しています!

 

それでは、どうぞ!

 

 

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190404202004p:plain

レドモンドに気をつけろ!

 

まずは対レドモンドをしっかり守ってもらいます。

ワントップのオースティンですが、ポストプレーをするなら、まず間違いなくマティプとのマッチアップを狙うでしょう。

 

多分、大体勝てると思いますが笑

万が一、それがレドモンドに渡った場合のディフェンスを彼にはお願いします。

 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190404202106p:plain

ロングフィード

 

次はロングフィードですね。

サイドチェンジはもちろん、ドン引き相手にチャンスは少ないでしょうが、サラーマネへの裏スペースのフィードも期待しています。

 

 

 

キープレーその3

この間のトッテナムアーノルドが面白いコーナーキックをしていました。

 

中身は直接狙うと言ったモノですが、このトリックプレーのカギダイクを中心とした、フィジカルの強いプレーヤーが相手を自由にさせないことです。

 

コレ、決まったら気持ちいいでしょうね!

 

 

 

 

【キープレーヤー    No.3】

サラー

 

今回こそ決めてくれますよ、彼は!

と言うか、シュート以外は文句のないプレーをしています。

 

そして何故最近の彼はシュートを決めれないかと言うと・・・

 

詳しくは後述しましょう笑

それでは、どうぞ!

 

 

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190404201847p:plain

1.5列目のスペースを狙え!

 

彼がシュートを決めれない理由。

それは、利き脚を切られているからですね。

 

まぁ、このブログで何回も言っていることですし、見てる人は一目瞭然ですよね。

 

 

・・・ではどうすればいいか?

 

 

答えはシンプル。

マークを外せば良いのです。

 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190404202214p:plain

ヴェスタ―ゴーアとの1対1

 

ではドリブルだと、どうしようも出来ないのか?

 

いやいや、大丈夫です。

今回対峙するであろうヴェスターゴーアはフィジカルが強いものの、サイドへのカバーリングや、機敏なプレーがあまり得意ではありません。

 

なので、サラーとしては相性が悪くないですよ。

 

 

 

キープレーその3

f:id:GK-lab:20190404202244p:plain

ヴェスタ―ゴーアを背負っての反転

 

これもヴェスターゴーアが関係するプレーですが、ペナルティーエリアで彼を背負って反転してのシュートという選択肢もあります。

 

上手く行けばファールだって誘発できるかもしれませんしね。

 

はたして、彼はサラーの反転の速さについていけるでしょうか?

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

この試合もトッテナムの様なサイドチェンジ+サイドの連携+1.5列目からのフィニッシュというのはかなり有効だと思います。

 

あの流れはある意味3CB+2WBに対する良い攻略方法に見えました。

 

なので今回も両SB、特にロバートソンは大活躍するのではと予想します!

 

 

さて、次回はサウサンプトンのキープレーヤー編を紹介します。

 

それでは、また!