リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第32節 トッテナム戦《評価編》

f:id:GK-lab:20190401213501p:plain
スターティングメンバー


■対トッテナム戦、評価編!

■冴えに冴えたサイド攻略!

■アリソンどうした笑




前回のデータ編に引き続き、今回は評価編です!

データ編はコチラ
www.liverliverliver.com






◼️アリソン≪BAD・・・≫


アリソンどうした笑

フラム戦に引き続きBADの評価です。
だって危なっかしいシーンがいくつかあったので笑


GKはそのプレー次第で味方の心的余裕をいくらでも作れる存在ですからね。


今回のアリソンにそのプレーはあまり見られなかった・・・ 

 

◼️アーノルド


 評価としては普通にしましたが、精度の高いクロスや両足でのシュート、スライディングでのピンチ回避はもちろんコーナーキックでの新しい試みが見れたのが良かったです。

直接狙うパターンの制度が上がれば面白いことになりそうですね!



◼️マティプ


 比較的ケインとのマッチアップが多い印象でしたが、それをほぼすべてシャットアウトしていました!

普段なら高評価をつけたいとこですが、今回は比較的普通で笑

 
 
◼️ダイク≪GREAT≫

今回の彼のハイライトは後半のシソコとの2対1を制した瞬間でしょう!
孫へのパスコースを切りつつシソコにプレッシャーを与えるシーンは本当に素晴らしかった。

他にも決定的の阻止もありましたし、世界レベルのCBであることを改めて証明しましたね!
 
 

◼️ロバートソン≪GREAT≫

前半の彼は圧巻の存在でした!
アシストにもなった精度の高いクロスや、プレス回避でのアーノルドへのサイドチェンジ。


後半もエリクセンの決定的阻止など大活躍でしたね!


チーム内トップクラスのスプリント回数もあり、今日も左サイドは突出していました。


 
◼️ヘンダーソン≪MVP≫


後半途中での交代でしたが、前半の彼は正にMVPにふさわしい存在でした。

高いプレス強度はもちろん、トッテナムの急所だったサイドへのロングフィードが冴えまくっていました!

 
1点目のきっかけも彼のロングフィードからです。
 
これが代表戦明けのプレーとは・・・
素晴らしい!

 

◼️ワイナルドゥム


 ヘンダーソン同様、代表戦明けのワイナルドゥムでしたが、反対に前半から少し疲れが見えていた印象です。

もっと飛び出しとか見れたら面白かったかもしれません。
 
ですが、よくフルタイムまで走り続けてくれました!
 

 

◼️ミルナー≪GOOD≫


 中央からサイドまで幅の広いプレーエリアや、プレス回避のサイドチェンジも冴えてましたね!
トッテナムのサイド攻略をしっかり遂行していました。


彼もヘンダーソン同様に後半途中での交代でしたが、前半の存在感からGOODです! 

 

◼️サラー

 今日の彼を一言で言うと「執念」でしょうか。

執拗な裏抜けへの意識(良い意味で言ってますよ。)や得点感覚を呼び戻したい気持ちの見えるシュート

 
そして、試合終了間際に彼の執拗がトッテナムオウンゴールという形で実りました!

久しぶりに彼のゴールパフォーマンスが見れて良かったです。
 
 

◼️フィルミーノ≪GOOD≫


 毎度彼に高評価をつけてしまっていますが、それも納得の存在感でした。
1点目のヘディングはもちろん、後半のサラーへのスルーパスも痺れましたね!


一方で彼の運動量が落ちる後半になると、一転してオープンな展開になりがちなのが心配です。



◼️マネ


 得点シーンこそ見れなかったものの、ペナルティーエリア内やその周辺でのシュートは得点の匂いを感じました。

そして守備への貢献度は流石です!

 

ファビーニョ≪GOOD≫


後半途中からミルナーと交代で入りましたが、カウンターの起点となるドリブルを潰したりなど、短い時間で素晴らしい活躍が見えました!

彼レベルがベンチにいるのは安心しますね。

 
 
■ オリギ

後半になり、流れでの得点の匂いがしなくなった頃に、彼のコーナーキックを誘発させるクロスは本当にありがたかった!

結果、それが得点に繋がってますしね。
 


■ロブレン


 久しぶりにピッチに立った我らが兄貴笑
怪我から復帰してくれて良かった!

今回は守備強化+時間稼ぎという感じでしたね。






いかがだったでしょうか?


次回の相手はサウサンプトンになります。

サウサンプトンにはつい最近までリバプールに在籍していたイングスがいます。
得点も取りつつサウサンプトンの縦パスの受け手にもなり、裏の抜け出しの印象が強かった彼ですが、今はかなりの成長が見えます


降格圏への危機感からか、直近のトッテナムブライトンに勝利をしてチームを立て直してきています。



詳細はサウサンプトン戦の予想フォーメーション編に紹介しましょう!


それでは、また!