リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

ディバラかコウチーニョ、リバプール来るってよ。【前編】

 
f:id:GK-lab:20190323103647j:image

 

◼️報道されたディバラ移籍ニュース

◼️そしてじわじわ期待されるコウチーニョ出戻り論

◼️果たして彼らと今のリバプールの相性は!?

 

 

最近、サッカー界隈を賑わせているディバラコウチーニョの移籍ニュース。

 

移籍先には

●ディバラ・・・レアル・マドリードマンチェスターユナイテッドマンチェスター・シティ

コウチーニョ・・・パリ・サンジェルマンマンチェスター・ユナイテッド

 

 

ディバラについてはリバプールも参戦。

この間も記事にしましたね。

※ディバラが来るか!?

www.liverliverliver.com

 

 

 

そして、最近はまさかのコウチーニョカムバックの希望もじわじわ出ています。

 

主にはTwitterでファンが言っているのですが、やはりマンUに移籍するなら戻ってきて欲しいという気持ちからみたいです。

 

@fifa16ysさんのツイート:

 

 

@mameshivaaさんのツイート: 

 

 

 

ただ、守備面という所から彼らがリバプールにマッチするとは思えないのです。

 

コウチーニョは元リバプールで、ディバラは近日中に決まる様なニュースが出ていますがね笑

 

 

なので、今回はディバラコウチーニョのどちらかがリバプールに来た場合、どっちが戦力になるのか考えてみたいと思います!

 

 

個人的には、彼らを前線の補強と仮定した場合、ディバラやコウチーニョよりかはレバークーゼンのブラントや、RBライプツィヒのヴェルナーの方が良いのですがね・・・笑

 

 

それでは、どうぞ!

 

利き脚

ディバラコウチーニョ

彼らのプレーは割りと似ています。

 

どちらも突破するドリブルと言うより、取られないドリブルでパスやシュートを狙う。

ミドルの精度も高いし、セットプレーのキッカーもできる。

  

カットインからのシュートは彼らの代名詞ですよね!

 

 

そんな近しいプレーを持っている彼らですが、細かい部分を比較するとどうでしょうか?

 

まずは利き脚が違います。

 

・・・いきなり細かくないですね笑

  

ディバラが左利きコウチーニョが右利きです。

 

そうなるとリバプール的にはディバラの方がありがたいですね!

 

特にセットプレー

アーノルドとのフリーキックや、コーナーキックでも違いを作ることができそうです。

 

やはり、選択肢が多い方が良いですからね。

 

 

 

 

 

それぞれの得意なポジション

ディバラとコウチーニョですが、彼らのポジションを正確に言うと、

●ディバラ・・・ST、OMF、WG

コウチーニョ・・・CMF、OMF、WG

 

という感じでしょうか。

 

イメージ的には、ディバラが前線のメッシでコウチーニョが中盤のイニエスタです。

 

どちらもWGというポジションに関しては、カットインからのシュートがやりやすいからそのポジションにいるだけで、純粋なWGかというと微妙な感じがしますが笑

 

 

さて、では今のリバプールにとってポジション的にどっちが足りないかと言うと・・・

 

 

ハイ、前線です。

 

 

前線のオプションを増やしたい等の理由もありますが、最大の理由はコレです。

 

 

アフリカネーションズカップ

 

 

これで、マネサラーがいなくなるのは痛手なんて言葉では済みません。

なので、ポジション的にもディバラ獲得の方が良いですね!

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

今回はここまでを前編として、次回はコウチーニョのプレースタイルを考えながら比較したいと思います。

 

 

それでは、また!