リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第31節 フラム戦≪予想キープレーヤー リバプール編≫

f:id:GK-lab:20190316105134p:plain
フラム

■フラム戦のキープレーヤー

■冴え渡るミルナーのボックス・トゥ・ボックス!

■そして見えるミドルのスペース!


さぁ、今回は対フラム戦のキープレーヤーリバプールをお送りいたします。


※予想フォーメーション編はコチラ。
gk-lab.hatenadiary.jp



バイエルン戦の後という難しいモチベーションの中リバプールフラム相手に本来の力を発揮することができるのでしょうか?

そのカギを握るのはベテランの経験と、そのベテランが担当するポジションだと思います。
もし彼が出場するのであれば、今回の試合は彼が主役となることでしょう!


それでは、どうぞ!




【キープレーヤー No1】
ミルナー

ヘンダーソンが怪我をした現在、リバプールを引っ張るのは彼になります。
そして私が予想するに、彼は今回の試合においての最大のキープレーヤーになるハズです!


求められるのは彼のボックス・トゥ・ボックスプレー、そして経験です。

その一部を紹介します!


キープレーその1

f:id:GK-lab:20190316190602p:plain
ボックス・トゥ・ボックスの中盤


このシーンで彼に求められるのはボックス・トゥ・ボックスでの中盤のプレー
予想フォーメーション編で言った、外ー中ー外のプレーになります。


フラムのディフェンスは自陣に引いて守る形が基本だと思いますが、ハーフウェーラインからのプレスも時折見せてきます。


・・・しかし、プレス強度が低い。


そして、直近のチェルシーも、対レスター戦「ソコ」が空いていたのです。
「ソコ」とは図で表記したミルナーの位置。


そう、ド真ん中です。


しかも、後半になればなるほどポッカリ空きます。
まずはココでミルナーには魅せてもらいます。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190316191437p:plain
ボックス・トゥ・ボックスの前線

次はこのプレー。

フラムの弱点として、ペナルティーエリア前のスペースがよく空きます。
一応、4-4-2のゾーンで守る彼らなのですが、ディフェンスラインと中盤の意識の違いなのか、ガタつくことが多いです。


ここはマネサラ―の飛び出しで更にディフェンスラインを下げて、ミルナーララーナミドルをブチ込んでもらいましょう!



キープレーその3

f:id:GK-lab:20190316191913p:plain
ボックス・トゥ・ボックスの後ろ

ミトロビッチのポストプレーなんですけどね、ダイクマティプは全然問題ないと思っていますが、
彼がサイドでSBと競りはじめたら危険です。


その場合は図の様にフォローに来るケアニ―ミトロビッチ自体をファビーニョアーノルドと組んで挟み込みましょう。


彼がしっかり守ることでリバプールのディフェンスを浮つかせずにしっかりと締めることができます。
そういった精神的な部分でも彼の運動量とそのプレーの背中を見せて欲しいですね!




【キープレーヤーNo2】
■ダイク

今回も彼には守備と攻撃の両面で期待しています。
守備に関しては言わずもがな。
攻撃はワトフォードバイエルンの様なヘディングを期待しています!



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190316192358p:plain
ミトロビッチとの空中戦

一応、キープレーにはしましたけどね。
ルカクにも競り勝てるダイクであればミトロビッチとの空中戦なんて造作もありません。

逆に嫌がって、上記のSBとの競り合いのみになるかもしれないですね。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190316192632p:plain
マティプのカバー


こういった引いてくることが予想される相手には、マティプのドリブルが見れると思います。
それ自体はとても効果的だと思っているのですが、無論リスクも生じます。


ダイクはそのカバーをしてもらうことになるでしょう。



キープレーその3

f:id:GK-lab:20190316192841p:plain
セットプレー

フラムのLSBのブライアンですが結構コンタクトが強く、そしてそれに合わせて結構ファールをもらいます。


・・・ですが、彼がファールをする場所はリバプールにとってのお得意のセットプレーゾーンです。


ワトフォード戦の再来を期待しています!




【キープレーヤーNo3】
■マネ

ここ最近のリバプールのゴールスコアラーといったら彼です。
もちろんこの試合でも得点も期待しているのですが、彼には別のプレーも頑張ってもらいます。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190316193348p:plain
ディフェンスラインを下げる

とにかく彼にはスピードを活かして飛び出して欲しいです。
フラムのCBノイドベイトリームお世辞にもスピードのあるプレーヤーではありません。


そこにスピード勝負をすることでディフェンスラインを下げて欲しいのです。


そうなると必然的に「あるスペース」が空いてきます。


後はミドルシュートの出番です!



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190316190602p:plain
フィニッシャー・マネ


もちろん得点も期待しています。
今、ノリに乗っている彼の得点力を持ち味のスピードと併せて存分に発揮してください!


ちなみにこの図の展開であればフィルミーノのいた位置ミルナーないしララーナが入れば、それもまた大チャンスです。



キープレーその3

f:id:GK-lab:20190316193939p:plain
ハイプレス

もし、今回もハイプレスが可能であれば是非やってほしい!
今回の狙い目で言ったらRSBのオドイです。


上記のプレスではめにいきましょう!


もしGKのリコにいっても、彼も足元はそこまで上手くないのでパスミスを誘発するチャンスです。




いかがだったでしょうか?

今回はミルナーのボックス・トゥ・ボックスの動きがかなりフューチャーされるのではないかと予想しています。


いつものリバプールは、前線の3人ダイクがフィーチャーされがちで、ミルナー辺りは黒子役を演じることが多いですが、
今回は少しはわかりやすく、そしていつもながらシブい活躍をしてくれるのではないかと期待しています。



さて、次回はフラム側のキープレーヤーを紹介します。

それでは、また!