リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

CLベスト16 バイエルン・ミュンヘン戦≪予想キープレーヤー バイエルン編≫

 

f:id:GK-lab:20190207223506j:plain

バイエルン・ミュンヘン

 

◼️予想キープレーヤー、バイエルン編!

◼️危険な中盤の司令塔と前線のFW!

◼️それをひっくるめて、勝つ!!

 

 

さて、前回に引き続きCLベスト16、バイエルン戦の予想キープレーヤーです。

 

※予想フォーメーション、キープレーヤーはコチラ

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

 

 

 

バイエルン戦もいよいよ日本時間の本日29時からスタートとなります!

 

もしライブで見る方も、後で見る方も予習ということでご覧いただければ幸いです。

 

 

それでは、どうぞ!

 

 

【キープレーヤー   No1 】

◼️チアゴ

 

やっぱり彼が危険な存在です。

 

1stレグでは小気味いいフォローマルティネスとの連携、そしてロングパスでWGとSBとの1対1をつくる演出

 

ホント、厄介です。

 

とりあえず、想定される危険なプレーを紹介してみましょうか。

 

 

 

キープレーその1 

f:id:GK-lab:20190313103843p:plain

ロングパス+プレス回避

1つ目は上述のロングパスですね。

 

ロングパス先ですが、

1stレグではコマンアーノルドが封殺していたものの、ニャブリロバートソンの場面は危ないシーンが何度か見られました。

 

今回もこの手段を使ってくることでしょう。

 

しかも、これ1発でプレスの包囲網まで突破されちゃいますしね。

 

本当に危険な場面です。

 

  

 

キープレーその2 

f:id:GK-lab:20190313103921p:plain

RSB裏からの展開

まぁ、図のようにまで上手くいかないとは思ってますが笑

 

1stレグで危険だったのはアーノルドが釣り出されてRSBの裏が空いたシーン。

 

ここにレバンドフスキなりが走り込まれるとヤバいです。

何がヤバいかって、これにもしファビーニョが釣り出されたならセンターに広大なスペースが空きます。

 

そこをハメスニャブリに使われるのは、失点を覚悟する様なモノです。

 

 

 

 

 

【キープレーヤー No2】

◼️レバンドフスキ

 

最近、絶好調のレバンドフスキ

もちろん、その得点力も危険なのですが、

彼もスペースを使う術が上手いプレーヤーの1人です。

 

1stレグのキープレーヤー編でお話したボランチの両脇スペースを警戒するのももちろんなのですが、1stレグで同じくらい危険なシーンがあったので、それを紹介します。

 

 

 

キープレーその1 

f:id:GK-lab:20190313103921p:plain

RSB裏からの展開

アゴのキープレー2を引用しますが、

レバンドフスキが左右SBの裏のスペースを使いだしたら危険です。

 

詳しくは上述の通り。

 

ちなみにレバンドフスキは直近のブンデスリーガでサイドから中へドリブルして、強烈なシュートを打ったシーンがありました。

 

スペースを空けるプレーだけで終わりませんよ、彼は。

 

 

 

キープレーその2

 

何と言ってもその得点力、その冷静さです。

スピードのある両WGを活かし、活かされるプレーを知ってます。

 

そして、その決定力は言わずもがな。

 

図で説明する必要もありません。

 

 

 

 

【キープレーヤー No3】

◼️ニャブリ

 

振り返ってみたらキープレーヤーが前回と変わらないという笑

でも見返せば見返すほど彼らがリバプールにとっての脅威なんですよね。

 

プレスの速さは相変わらず。

今回は彼の中に入るプレーに着目します。

 

それでは紹介の方に参りましょう。

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190313103921p:plain

ファビーニョの空けた、中央のスペースを使用

やはり上述のプレーに起因するのですが、レバンドフスキの空けたスペースにニャブリハメスが入るのが危険です。

 

ニャブリの初速はダイクより速いので、ハメスのパスの出し方次第で1発で決まってしまいます。

 

 

 

キープレーその2

 

これも図で表す必要が無いモノですね。

彼のシュート力がホントに危険です。

 

しかもロングレンジの。

 

例えばニャブリが中へ切り込み、

ロングレンジのシュートを打とうモノなら、ディフェンスラインもそれに合わせなければなりません。

 

ディフェンスラインがロングを警戒してマークプレスの仕方を変えると、そのスペースにレバンドフスキコマン、そして中盤から飛び出してくるプレーヤーが出てくることでしょう。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

ここでは予想キープレーを紹介しましたが、もちろんバイエルンそれ以上に多彩かつ危険なプレーをしてきます。

 

しかし、それらを全てかわしてカウンターで得点する。

 

それはそれでテンションが上がりますよね!

 

 

さて、この試合の結末はどうなりますでしょうか!?

 

 

 

願わくばリバプールが勝利することを!!