リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

CLベスト16 バイエルン・ミュンヘン戦≪予想キープレーヤー リバプール編≫

f:id:GK-lab:20190207223506j:plain

バイエルン・ミュンヘン



 

◼️バイエルン戦予想キープレーヤー!

◼️引き続きバイエルンの穴は右サイド裏!

◼️フィルミーノシフトを利用しろ!

 

さて、予想フォーメーションに続き、

予想キープレーヤー編になります。

 

※予想フォーメーション

gk-lab.hatenadiary.jp

 

 

前回の戦いを踏まえた上でリバプールバイエルンがどんな修正をしてくるのか。

注目すべきキープレーヤー達の動きを紹介したいと思います!

 

 

それでは、どうぞ!

 

【キープレーヤー   No.1】

 ■フィルミーノ

 

1stレグ同様、彼がキーマンです。

ただ気をつけなければならないことがあります。

 

前回のバイエルン戦ですが、敵は明確なフィルミーノシフトを敷いてきました。

これはマルティネスフンメルスによるマークです。

 

基本的にはマルティネスがマークについているカンジですどね。

 

今回も、マルティネスがマークにつくと予想されますが、

その中でフィルミーノはどう動けば良いのでしょうか?

 

 

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190312130339p:plain

マルティネスの誘導

 

マークされるのであれば、むしろ連れ回しましょう!

そこで空いたスペースを味方に使ってもらいます。

 

とりわけ、マネが空いたスペースを使い、ラフィーニャ裏を狙うプレー等が想定できますね!

 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190312130827p:plain

それでも振り切れるのなら・・・

 

それでもマルティネスを振り切れるのであれば、それは大チャンスです!

1stレグでも使った、ロバートソンのオーバーラップへのスルーパスを期待します!

 

キミッヒほどでは無いですが、ラフィーニャも守備にそこまで重きをおいていません。

※キミッヒはその分、攻撃の引き出しが多彩過ぎますが。

 

アラバと比較すればその右側の守備の軽さは、明らかに狙い目です。

 

今回もそこを一貫して狙っていきましょう!

 

 

 

キープレーその3

f:id:GK-lab:20190312131250p:plain

プレスとプレスバック

キープレーその3はプレスプレスバックですね。

プレス先は可能な限りズーレへ。

やはり、フンメルスラフィーニャアラバと比べたらパスの精度が落ちますからね。

 

また、マルティネスがマークにつくのであれば、

マルティネスがボールを持った際にプレスバックしてやりましょう。

 

アゴと比べれば明らかにボール奪取しやすいですし、

奪取した後に味方にパスすれば、マルティネスは間近のフィルミーノに「しか」目がいかないでしょう。

そこからスペースを空ける為に誘導すれば良いのです。

 

 

 

 

【キープレーヤー No2】

■マネ

 

フィルミーノと同じく、前回同様にマネもキープレーヤーになります。

理由はラフィーニャプレスですね。

 

それでは図で解説しましょう!

 

 

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190312132009p:plain

裏・裏・裏!

 

もうとにかく図のスペースです笑

 

バイエルンホームということもあり、攻め気に走ったバイエルンであればなおさら裏のスペースが空くことでしょう。

 

そこを狙ってもらいます。

 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190312132236p:plain

マルティネスのスペース利用

フィルミーノのキープレーで紹介したシーンです。

 

もしココでマネがボールを受けることができれば、オーバーラップしたロバートソンにパスを出しても良いし、サイドチェンジしても良い。

距離的にシュートも打てますね。

 

 

 

キープレーその3

f:id:GK-lab:20190312132500p:plain

プレスの順番が大事!

最後はプレスです。

もしラフィーニャにボールが渡るのであればマネからプレスをかけていきましょう。

 

あくまで順番が大事です。

ここでショートカウンターが取れればしめたモンですね!

 

 

 

 

【キープレーヤー No3】

ヘンダーソン

 

我らがキャプテンがラストキープレーヤーです。

 

予想されるマッチアップ相手がアゴというとんでもない相手になりますが、

彼であれば大丈夫でしょう!

 

それでは彼に期待するプレーを紹介します。

 

 

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190312132824p:plain

ビルドアップのヘルプ

最近、ビルドアップ時にアリソンのヒヤヒヤするシーンって結構見ませんか?

 

コレ、リバプールの欠点だと思っているのですが、

割とハイプレスに弱いのです。

 

 

しかし、ヘンダーソンがピッチに立つと結構解消されています。

 

今回も相手のハイプレスが予想されるので、ヘンダーソンはここでひと仕事頑張ってもらいます。

 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190312133139p:plain

右からのアーリークロス

キープレーその2はリバプールの強みである、精度の高いアーリークロスです。

右にはアーノルドヘンダーソンがいる為、どちらかがマークされてもクロスを上げることが可能です。

 

どちらかと言うとサイド突破の危険があるため、アーノルドの方がマークされますけどね。

 

ただし、リバプールの前線は身長が高い訳では無いので、上げる場所は注意!

 

 

 

キープレーその3

図はありません。

 

ここしばらくヘンダーソンのシュートが入るのを見ていないですね・・・

 

これはリバプールの課題の1つ、中盤のシュート意識の問題です。

 

しかし!

 

ココで!

このタイミングで!

ヘンダーソンのシュートがバイエルンゴールポストに突き刺さるのを心待ちにしています!

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

1stレグを踏まえて、バイエルンリバプールの対策を練ってくることが想定されます。

その傾向を予測しながらどの様に動けるかがカギになってきますね。

 

では次回はバイエルンのキープレーヤー紹介です。

対策をたてるのはリバプールだって一緒です。

ではその上でバイエルンはどの様な動きが予想できるでしょうか?

 

 

それでは、また!