リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第30節 バーンリー戦《データ編》

f:id:GK-lab:20190310235800p:plain
スターティングメンバー



リバプールの勝利!

■全体的には問題なし!

■ただ最後に集中力が切れたか・・・?


さて、改めましておめでとうリバプール
4-2で勝利を掴むことができましたね。

これでマンチェスター・シティとの勝ち点差は1ポイントのまま。
すぐ後ろのポジションをキープできています。


今回はバイエルン戦直前の難しい日程でしたが、
試合の結果としてはどうだったのでしょうか?

まずはデータにて紹介します!


それでは、どうぞ!


《HOME》
■メンバー
リバプール
GK:アリソン
DF:アーノルド マティプ ダイク ロバートソン
MF:ワイナルドゥム ファビーニョ ララーナ
FW:サラー フィルミーノ マネ
Sub:ロブレン、ケイタ、ヘンダーソンスタリッジミニョレシャキリ、オリギ
監督:クロップ


・バーンリー
GK:ヒートン
DF:バースリー タ―コウスキー ミー テイラー
MF:ヘンドリック ウエストウッド コーク マクニール
FW:バーンズ ウッド
Sub:ロートン、グズムンドソン、ブレイディ、ギブソンクラウチ、ハート、ヴィドラ
監督:ダイク


■得点:4-2  リバプール勝利!
■シュート数:23-3
■枠内シュート数:5-2
■ボール支配率:69%-31%
■パス数:649-289
■パス成功率:80%ー61%
■ファウル数:4-7
イエローカード:2-0
■レッドカード:0-0
オフサイド:2-7
コーナーキック:7-3



■試合経過
・7分
アリソン、イエローカード


・7分
リバプール 0ー1 バーンリー
⇒ウエストウッド


・19分
リバプール 1ー1 バーンリー
⇒フィルミーノ


・29分
リバプール 2ー1 バーンリー
⇒マネ


・67分
リバプール 3ー1 バーンリー
⇒フィルミーノ


・68分
ワイナルドゥムOUT⇔ヘンダーソンIN


・71分
ファビーニョイエローカード


・77分
ララーナOUT⇔ケイタIN


・79分
ウッドOUT⇔クラウチIN


・79分
ヘンドリックOUT⇔グズムンドソンIN


・86分
バーンズOUT⇔ヴィドラIN


・86分
アーノルドOUT⇔スタリッジIN


・90分+1分
リバプール 3ー2 バーンリー
⇒グズムンドソン


・90分+3分
リバプール 4ー2 バーンリー
⇒マネ



ー試合終了ー




いかがだったでしょうか?

総評的には前半は最高後半まぁまぁな感じでしたが、
バイエルンを前に後半までフルスロットルでやられたらむしろ「やめろっ!」って思っちゃいますよね。


後半はカウンターで何とかサラ―に得点させたいって気持ちがチーム全体に出ていましたね。


個人的な評価は次回にまわしますが、
気になったのは、後半になって集中力の途切れが見えてしまった感じですね。

リバプールの様なカウンターが得意なチームだと、
敵がリスクをかけて前目にプレスをしてくると、どうしてもカウンターをやっちゃうんですよね。


それ自体は全然悪くないのですが、こういった場面ですとオープンな展開になりがちで、
フリーなプレーヤーってどうしても出てきちゃう時があります。


その際にディフェンスは集中していなければならないのですが、
一度、コーチングを怠ると失点シーンの様にファビーニョがボールウォッチャーになり、マークができずにフリーにさせてしまうのです。



その他のシーンは良かったんですけどね・・・


これをバイエルン戦でやらかすと致命傷です。
最後の最後までコミュニケーションを怠らずにやっていきましょう。



ただ、全体的には良かった試合でした!

このままバイエルンに臨むとしましょう!




続きは《評価編》にて!

それではまた!