リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

チェンバレンの軌跡《CLの怪我から現在まで 前編》

 

f:id:GK-lab:20190120203718j:plain

アレックス・オックスレイド・チェンバレン

 

 

■今週末にUー23で復帰!

■記念にチェンバレンの軌跡をまとめました!

■今回は前編を記載します!

 

 

Twitterで私もつぶやきまくっていますが、

ついに、ついにチェンバレンが復帰します!

 

まずはUー23で調整という所ですが、実戦復帰であることには変わりありません。

 

この時を待っていました!

 

思えば、2018年4月25日のCL準決勝でのローマ戦

相手のスライディングタックルを受けたことによって膝の靭帯破損をしました。

 

今シーズン絶望とまで言われた大怪我でしたが、 

本当によくシーズン内で戻ってきましたね。

 

今回はそんなチェンバレンを祝して(まだ本格的に復帰してはいませんが)、怪我から今までの軌跡をまとめてみたいと思います。

 

 

それでは、どうぞ!

 

 

 ■怪我前

 加入当初はチェンバレンに疑問符を持っていたファンも、

彼のリバプールでの活躍そのキャラクターで本当に親しまれていました。

 

シーズン後半戦は試合においても、無くてはならない存在だったと思います。

 

彼の印象的な試合があります。

CLベスト8、マンチェスター・シティです。

 

リバプール vs マンチェスターシティ 3 - 0 CL1stleg ゴール&ハイライト 2018/04/05 HD - YouTube:

 

こちらの動画だと得点シーン辺りがメインでしたが、

守備クロスに走りまくってチームに貢献をしていました。

 

プレミアリーグにおいて、今シーズンより絶対的な成績を収めCLでも優勝候補と言われたマンチェスター・シティに、その両方に土をつけたリバプール見ていて本当に誇らしかったです。

 

彼は、その「中心」にいました。

 

 

 

■そして負傷 

事件は急にやってきました。

CL準決勝、対ローマ戦の1stレグです。

 

コラロフのスライディングを受けたチェンバレン前半18分という速さでピッチを去ります。

 

@Alex_OxChamboさんのツイート

 

ファンとしては「無事でいてくれ」の一心でしたが、結果は膝の靭帯損傷。

一足先に戦列を離れると同時に新シーズン復帰も難しいとの報道が。

 

準決勝は勝ち進むことができましたが、

決勝のレアル・マドリードにて。

 

リバプールの敗北が決まった瞬間の、チェンバレンが松葉杖をつきながらピッチで泣いている姿は・・・本当に何も言えませんでした。

 

 

@Alex_OxChamboさんのツイート

 

こちらは療養中のチェンバレン

言葉とは裏腹に見えないながらも視線に寂しさを感じます。

 

 

 

 

■ワールドカップの欠場

これも本人にとっては非情に残念な出来事だったことでしょう・・・

 

以下のツイートは6月3日のモノ。

6月15日より開催したロシアワールドカップには100%間に合わないことを示唆しています。

 

しかし、そんなことより目の前のファンにサービスをする彼に対する、

非情に素晴らしい人間性が見えます。

 

@Alex_OxChamboさんのツイート

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

膝の怪我によって、4年に1回しか開催されないワールドカップすら棒に振ってしまったチェンバレン

 

ローマのコラロフがどうと言うつもりは毛頭ありませんが、

怪我によって出場できないプレーヤーを見るのは非情に心苦しいモノがあります。

 

次回は後半にて。

 

それでは、また!