リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第30節 バーンリー戦《予想キープレーヤー リバプール編》

f:id:GK-lab:20190305113015p:plain

バーンリー

 

■求むララーナの復活!

■そしてサラ―の爆発!

■マネとケイタの連携も期待!


 

さて、前回のフォーメーションに続いて、今回はバーンリー戦の予想キープレーヤーを紹介します。

 

※予想フォーメーションはコチラ

gk-lab.hatenadiary.jp

 

 

 

 

まずはリバプールからになります。

 

それでは、どうぞ!

 

 

 

《キープレーヤーNo1》

◼️ララーナ 

 

彼にはフィルミーノの代役を勤めてもらいます。

 

しかしなぜ気づかなかったのだろう・・・

 

適任じゃないですか!笑

 

ディフェンスラインや中盤の間でもプレーできる資質を持ち、

両足で精度の高いプレーができる。

極めつけに運動量もあるし、守備もサボらない! 

 

・・・しかし、ブランク明けの今はどうでしょうか?

 

ターンの速さなどが戻って来れば、この試合における決定的なポイントになるでしょう。

 

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190305212626p:plain

プレスでミーを狙え!

 

まず1つ目はバーンリーにプレスをかけるシーン。

ポイントはいかに中盤とのパスラインを消しながらプレスをかけられるか。

 

フィルミーノがよくやっているプレーですが、

今回の様な相手だとモロにハマります。

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190305212942p:plain

ディフェンスラインと中盤の間でボールを受ける

 

ララーナに1番頑張って欲しいプレーです。

ポイントは上記の状況でいかに前を向いてプレーできるか。

 

ですが、これが容易にできれば相手のディフェンス陣形をズタズタにすることができるでしょう!

 

あと、このプレーは地味にディフェンスやボランチの縦パスも重要です。

マティプファビーニョ、よろしくです!笑

 

 

キープレーその3

f:id:GK-lab:20190305213247p:plain

中盤からの飛び出し

サラ―シャキリのポジションチェンジの間を2列目から飛び出すといったシーン。

 

今回のリバプールはMFも得点を取って欲しいですね。
 

今期のFW陣が思うように得点を取れていないのは、決して彼らだけのせいではありません。

MFの得点が圧倒的になくなったのも影響しているのです。

 

だからこそ、こういった得点に直接絡むプレーを増やして欲しいモノです。

 

 

 

《キープレーヤーNo2》

◼️サラ―

 

今回、私が予想したフォーメーションですと、サラーがワントップのシステムになりますので、必然的に得点も期待してしまいます。

 

今までの不振を払拭して大爆発して欲しいですね!

  

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190305212942p:plain

裏への飛び出し

やはり彼の1番の武器はスピード。

 

そのスピードを活かして、バーンリーのディフェンス裏を狙いましょう。

 

ただし、相手はかなり引いてプレーすることが予想されるので、

上記の様にディフェンスの視線をララーナに集めて、自分は視線から外れて裏を狙うといったプレーをして欲しいですね。
 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190305213247p:plain

シャキリとのポジションチェンジ

シャキリとのプレーの性質上、彼とポジションチェンジをしてサイドでプレーをするのもアリです。

 

図のように飛び出してきたララーナへパスするのも良し、自らドリブルで中へ侵入するのも良しです。

 

エバートンの様に相手を背負ってアーノルドへパスしてクロスを狙うのも良いですね!

 

 

 

キープレーその3

 

ここしばらく敷かれているサラ―シフトへの対策です。

ですが、これは気持ち1つで変わるのではないでしょうか?

 

右足も使い、シュートを打つこと。 

 

これだけで相手は両足の危険性を感じて守り方を変える可能性があります。

そうすれば、彼の左足が復活します。

 

 

 

《キープレーヤー No3》

■ケイタ

 

バーンリーの様に引いた相手には彼の出番です。

パスだけではディフェンスブレイクには限界があります。

 

彼のドリブルで試合の流れをもらいましょう!

 

 

 

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190305214542p:plain

中へのドリブルでマネを活かす

図はケイタの、中へ向かうドリブルでの連携シーンです。

これだとヘンドリックエストウッドがケイタを止めようとしています。

 

結果、マネのマークが甘くなり、裏を狙えるという場面ですね。

 

ただ、ヘンドリックが来なければドリブルでイケるとこまで行ってしまうのもアリですね♪

 

 

 

キープレーその2

f:id:GK-lab:20190305215007p:plain

ドリブルで注目を集める

ドリブルのメリットはいろいろあります。

その中の1つとして相手が注視してくれるというメリットがありますね。

 

そうなると、味方が相手の死角に移動しやすいんですよ。

 

今回の図は相手の死角からダイアナゴルランしてきたシャキリにパスをするシーンです。

しかしながら、ララーナの時にも言いましたが、中盤の得点は是非とも欲しい所。

 

図のような斜めの角度から打てるのであれば、是非シュートを狙って欲しいですね!

 

 

 

キープレーその3

f:id:GK-lab:20190305215549p:plain

マネとの連携

いつぞや紹介したマネとの連携です笑

 

しかし、ボーンマス戦ではケイタがつかわれなかった為、このプレーを見ることができませんでした・・・

 

しかし、今回は彼らの連携が見れるハズ!

 

ララーナとの連携も絡めて、ケイタのシュートまでの流れを作りましょう!

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

負傷続きという不幸に見舞われ、ファンタスティック4と呼ばれたララーナも今やベンチ要員となってしまいましたが、まだ彼は終わったプレーヤーではありません。

 

フィルミーノ頼みになりかけていた今のリバプールを救うのは彼かもしれません!

 

CBへのプレス、ディフェンスラインと中盤の間でボールを捌く、そして2列目からの飛び出し・・・ララーナであれば問題ありません。

 

 

そして、サラ―も来るバイエルン・ミュンヘンの為にここで箔をつけておきたい!

サラ―シフトなんかを敷いている相手を蹴散らして下さい!

 

 

ケイタは正直そこまで不安視していません笑

前半戦のマン・オブ・ザ・マッチたる実力を存分に発揮して下さい!

 

さて、それでは次回はバーンリーのキープレーヤーを紹介します!

 

それでは、また!