リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第29節 エバートン戦《予想キープレーヤー エバートン編》

f:id:GK-lab:20190303151054j:plain
マージーサイドダービー

■ピックフォードのキック精度

■左サイドのディニュという存在

■ゲイェのカバーゾーンについて



さて、今回はエバートン側のキープレーヤー紹介になります。

※予想フォーメーション、キープレーヤー編はコチラ。
gk-lab.hatenadiary.jp
gk-lab.hatenadiary.jp



エバートンって個人のスキルは素晴らしいのですが・・・

なんかまとまっていないと言うか笑


連携があまり取れていない印象なんですよね。


しかしながら、最低限のことはやってきますし、
個人の能力が高い分、それがハマると厄介です。


今回はそんなエバートンの中でも気をつけるべきプレーヤーを紹介します!

それではさっそく紹介していきましょう!




≪キープレーヤー No.1≫
◼️ピックフォード

イングランド代表正GKの彼がキープレーヤーNo.1です。

やはり、代表の正GKたる理由がそこにはありました。


その危険なプレーを紹介しましょう。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190303152807p:plain
キック精度

なんと言っても、彼の正確なフィードが危険ですね。

そして、フィードまでの一連のプレーが早い!

パントキックを蹴る様な状況ですと、フィールドプレーヤーみたくプレッシャーかけることができませんからね。


素早い判断と正確なフィードでカウンターの起点となりうる存在です。



キープレーその2

ピックフォードはポジション取りハイボール処理を苦手としてる所がありますが、シュートへの反応プレーエリアの広さを長所として持っています。


なので、コチラがカウンターを仕掛けたとしても中途半端なスペースにパスを出そうモノなら、たちまち彼にボールを刈り取られてしまうでしょう。




≪キープレーヤー No.2≫
◼️ディニュ

バルセロナから移籍してきたLSBですね。

個人的にですが、プレミアリーグのLSBの中でも相当優秀なプレーヤーの1人だと思っています。


・・・ロバートソンほどではないですがね笑


それでは紹介に参りましょう!



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190303152859p:plain
ワン・ツーを駆使した縦への突破

彼の特筆すべき点の1つは「縦への推進力」になります。

ゲイェリシャルリソンを使ったワン・ツーを駆使して、ガンガンスピードを上げていきます。

トップスピードで上がってこられると、さすがのアーノルドも手を焼くことでしょう。


また、キックの精度も高くほぼトップスピードで正確なパスを出せる所も注意ですね。


エバートンの前線もスピードがあるので、裏を狙ったクロスをあげられるとマズいかもしれません・・・



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190303152951p:plain
ロングスロー


上述したキック精度からのクロスも危険なのですが、彼はフリースローでゴール前まで遠投してきます。

そうなるとコチラのディフェンスも、ただ外に出すだけのプレーは少し危険かもしれません。


混戦の中でゴールなんて洒落になりませんから、しっかりと中をかためる必要がありますね。




≪キープレーヤー No.3≫
◼️ゲイェ

繰り返しますけど、エバートンって連携は微妙なんですけど、個人のスキルって高いプレーヤーばっかりなんですよね笑


ゲイェはその代表格とも言えるべきプレーヤーです。


彼の気をつけるべきプレーは下記になります!



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190303153023p:plain
スペースカバーの速さ

エバートン攻略の1つとしてゲイェ両脇のスペースを狙えと言いましたが、これはシュナイデルランのカバーが遅い為にゲイェがどっちもはカバーしきれないので、パスで崩せるという意味合いで提案しました。


しかし、ゲイェ自体のカバースピードは早いのでモタモタしていたらすぐに潰されます。

なので、ヘンダーソンの様な早く正確な縦パスができるプレーヤーが必要とされるのです。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190303153113p:plain
ボールホルダーへのフォローの速さ


ゲイェの特筆すべき点として、運動量の多さもあげられます。

例えば図のようにディニュへのフォローをしたかと思えば、気付けばシュナイデルランのフォローもしています。


常に見方の衛星の様にプレーをしてくる所は注意ですね!


・・・まぁパスの判断や精度はお世辞にも高いとは言えませんが笑




いかがだったでしょうか?

リバプールエバートンと続いたキープレーヤー編も今回でラストになります。

もし、試合をご覧になる方は彼らキープレーを注目して見ていただけたりすると嬉しかったりします笑



さて、日本時間は夜遅くになるのでライブでご覧になる方は、今からしっかり休息を取って応援をしましょう!


それでは、また!