リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第29節 エバートン戦《予想キープレーヤー リバプール編》

f:id:GK-lab:20190303151054j:plain
マージーサイドダービー

■自由にさせないプレス!

■中央突破で崩しきれ!

■狙うはゲイェの両脇だ!


さて、前回は予想フォーメーションを紹介しましたが、今回はキープレーヤー編を紹介します!

※予想キープレーヤー編はコチラ。
gk-lab.hatenadiary.jp




前節のワトフォード戦キープレーヤー編まで、前編・中編・後編と紹介していましたが、見辛いとのご意見をけっこう頂きました笑

なので、チームごとのキープレーヤー編をなるべく1つの記事に集約させてプレー内容をよりシンプルに紹介しようと思います。


それでは、どうぞ!



≪キープレーヤー No.1≫
◼️フィルミーノ

ハイ、復帰していきなりですがよろしくお願いします笑

もちろん、得点も期待したいのですが、彼に期待しているプレーは何度も紹介している「アレ」ですね。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190303151730p:plain
プレスバック


やはり、彼にお願いしたいのはプレスバックですね。

エバートン側でビルドアップに参加する中盤は、ほぼゲイェで間違い無いでしょう。

しかしながら、彼はプレス回避のプレーに秀でたプレーヤーではありません。


そこを狙って欲しいのです!



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190303151853p:plain
ゲイェ両脇のスペースを狙え!

他のキープレーヤー編でも使う為に結構細かく記載しました笑


ゲイェの両脇スペースを狙った、フィルミーノお得意のプレーです。

ここから、図の通りロバートソンへのパスをしても良いですし、記載していないですが、マネを使ってもオッケーです。



キープレーその3

f:id:GK-lab:20190303151921p:plain
ボランチを切るプレス

フィルミーノの視野なら問題無いですし、実際よくやってるプレーです。

エバートンの両CBは決してパスが得意なプレーヤーでは無いので、フィルミーノを中心とした強めのプレスパスミスを誘導しましょう!




≪キープレーヤー No.2≫
ヘンダーソン

ダービー戦ですし、ヘンダーソンが間違いなく出場すると思います。

キャプテンシーとしての統率も勿論なのですが、彼に求めているのは下記になります。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190303151853p:plain
縦パス


今回お話をしている中央突破ですが、そのスイッチ役を彼に担っていただきます。


左はフィルミーノロバートソン、そして記載していないですが、マネケイタを使った突破。


右はサラーアーノルドワイナルドゥムを使った突破になります。


これらは基本軸としてゲイェの両脇スペースを使った連携になるのですが、ゲイェがフォローしてくる前に縦パスを決めて欲しいのです。

彼の正確かつ速い縦パスであれば問題ないでしょう!



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190303152116p:plain
サイドチェンジ


中央突破が基本軸になると思いますが、相手が中に寄ってきたらサイドチェンジをお願いします。

こうやって中を中心に、そして外も併用してエバートンを攻略しましょう!



キープレーその3

やはり、伝統のダービーマッチです!

クロップ共に選手に気合を入れて下さい!

彼にしかできない事です。




≪キープレーヤー No.3≫
◼️サラー


最近、得点が取れていないサラーですが、とは言え他を活かすプレーについては精度が戻りつつあります。

今回はその戻ってきたプレーがカギになります。



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190303151853p:plain
CBを背負うプレー

最近、肩の不安が完全に無くなったのか、よく目にしますよね。


彼がCBを背負う事でスペースが生まれます。

図ではワイナルドゥムがそのスペースを使っていますが、アーノルドがそのスペースを使ってクロスをあげてもオッケーです。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190303152524p:plain
ジャギエルカを誘導


最近、得点していないとは言え、相手としてはサラーをフリーにするわけにはいきません。

必ず彼の動きに対応しますので、それを利用してワイナルドゥム飛び出しコースを空けましょう。


これが決まれば大きなチャンスです!



キープレーその3

だけどやっぱり得点も見たいですよね!

ドリブルで中へ切れ込んでのシュートなのか、一瞬で裏への飛び出して決めるのか!


サラー、期待しています!




いかがだったでしょうか?


前回の記事の繰り返しになりますが、決して相性の悪い相手ではありません。


今回、紹介したキープレーヤーのプレーは彼らの得意なプレーでもあるので、それらを駆使した連携・得点を期待しています!


さて、次回はエバートン側のキープレーヤー紹介です。


それでは、また!