リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第28節 ワトフォード戦《ワトフォードキープレーヤー 後編》

f:id:GK-lab:20190225162850j:plain

ワトフォード

 

ワトフォード戦の予想フォーメーション、キープレーヤーはコチラ。

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

 

 

 

 

さて、プレミリーグ第28節ワトフォードも残すところ、あと12時間を切りました。

 

もし、見る方は一緒に頑張って起きましょう!笑

 

プレミリーグのダークホースとの試合、

白熱すること間違いなしです!

 

 

さて、そんな今期のプレミリーグにおけるダークホース、ワトフォード最後のキープレーヤーを紹介します!

 

それでは、どうぞ!

 

 

《キープレーヤー No3》

■フォスター

 

初めてGKをキープレーヤーに選びました笑

 

・・・しかし、今期のフォスターは本当にヤバイのです。

 

無論、彼の活躍はCBとDMFとで織りなすワトフォードの守備があってこそなのは間違いないのですが、ああも決定機をガンガン防いでいる姿を見ると・・・

 

 

彼は現代のGKの中では、言葉を選ばずに言うと「旧式のGK」です。

足元が上手いプレーヤーでは無いため、ビルドアップ等の組み立てには基本的に参加しません。

 

また、相手のプレスに対してもムリにつなげようとせずに、クリアで逃げます

 

リバプールマンチェスター・シティチェルシーのGKを見ていると、

「もう少しつなげられるんじゃないの?」と言いたくなるほどです。

 

ただ、彼らほど足元の技術が無いので、前線に高く蹴り上げます。

 

 

・・・しかしワトフォードはそれで良いのです。

 

デウロフェウを除いたスタメンの全員が180センチオーバーワトフォードは下手につなぐより空中戦の方がありがたかったりします。

 

さらにディーニ―ドゥクレカプエ辺りに飛びようモノなら、

そのフィジカルで簡単に競り勝ってしまうでしょう。

 

 

要するにワトフォードではGKの足元の技術はそこまでいらないのです。

 

 

GKとしての純粋なセービング飛び出し空中戦が強ければOKなのです。

 

・・・ではフォスターはその基準に達しているプレーヤーなのか?

 

 

詳しくはこの動画を御覧ください・・・

 

 

驚愕の活躍っぷりですよ笑

 

ことセービングだけなら今期のトップ5くらいには入っているのでは無いでしょうか?

それだけ恐ろしい存在なのです。

 

いくら、ディフェンスラインをかいくぐっても、最後に彼がいるのです。

リバプールのプレーヤーは最後の最後まで集中を切らさずにゴールを決めて下さい!

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

これでワトフォードのキープレーヤー編もラストになります。

 

 

現在、2位のマンチェスター・シティとの差はわずか1ポイント

もしここで引き分けようものなら、一気にポイントを逆転されてしまうことでしょう。

 

 

プレミリーグを優勝するためには、もう引き分けすら許されないのです。

 

 

しかしながら、今回はホームのアンフィールド

地の利はコチラにあります。

 

地元の応援を背に、しっかり勝ちを積んで欲しいですね。

 

それでは、また!