リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第27節 マンチェスター・ユナイテッド戦《評価編》

f:id:GK-lab:20190225084426p:plain
スターティングメンバー


※データ編はコチラ
gk-lab.hatenadiary.jp


さて、前回の《データ編》に続きまして、
今回はプレーヤー個々人の評価編に移りたいと思います。


それでは、どうぞ!


■アリソン《GREAT》

今回はディフェンス陣が頑張りましたね。

マンチェスター・ユナイテッドがカウンターゲームに移行してからは、
割とカウンターやセットプレーに脅かされることが多かったのですが、よく集中して失点0に抑えました。


前半のリンガードの決定機はよく飛び出してくれました!


他にも安心できる空中戦判断の速さからのスローイン
今回はビルドアップも安定して供給できていたので出来としては素晴らしかったです。



ミルナー

アーノルドかと思いきや、今回はミルナーがRSBでスタメン。
多分、ラッシュフォード対策で守備強化の意味合いが強かったのではないかと思います。
そして、同時にマンチェスター・ユナイテッドの左側の攻略キーマンとして活躍。

・・・しかしながら、クロスのワンパターンしかできなかったのは痛かったですね。

次第にマンチェスター・ユナイテッドが慣れてしまったこともあり、
上手く機能することができなくなった印象です。



マティプ《GREAT》

今回の様なショートカウンターを目的としたヘンダーソンファビーニョ、ワイナルドゥムの中盤フォーメーションですと、
守備の強度とパス能力は高いものの、キャラクターが似ていることから前への推進力という部分では物足りなさがありました。

そこで、マティプのドリブルが上手い具合に作用していましたね。

しかしながら、前半にしか見れなかったのは残念でした。

ディフェンスの面は最終ラインでの仕事はもちろん、
ラッシュフォードの中盤へ降りていく動きにもついていく素晴らしいプレーが見えました。



■ダイク《GOOD》

ディフェンスはもちろん、
前半はミルナーへのサイドチェンジも効果的にできていました。
そして、空中戦の絶対的強さやカウンターへの対処もしっかりしていましたね。

マンチェスター・ユナイテッドのカウンターの鋭さに対してしっかりディフェンできていました。



■ロバートソン

彼は相手サイドバック裏にスペースがあったりすると、
攻撃面も活躍できるんですけどね・・・

今回はマンチェスター・ユナイテッドが引いてしまったことにより、
従来の様な活躍はできず。

そして、ルカクがRMFに来てからは苦しい勝負が続きました。

相手のスタミナ切れもあり、何とかなりましたが、
評価的には「そこそこ」という感じでした。



■ヘンダ―ソン

前半のプレス強度はさすがの一言。

パスの裁きや、最近はあまり見られない飛び出しも見れたので良かったのですが・・・


相手が引いてからは目立った活躍はできず。


持っているスキルを持って工夫はしていたのですが、
打開できずにシャキリと交代しました。

前半の様にマンチェスター・ユナイテッドが攻める気があれば、
この間のバイエルン戦のような大活躍が見れたのでしょうね。



ファビーニョ≪GOOD≫

ディフェンスとビルドアップはもはや問題ありませんね。
空中戦も「安心」の一言です。

出足の遅さもそこまで見られなかったのでは無いでしょうか?

後はビルドアップ側のプレーヤーとして、
前線のプレーヤー達にコーチングができるようになればありがたいのですが・・・



■ワイナルドゥム《GOOD》

DAZNで解説の戸田さんも言っていたのですが、
ボールのキープ力が本当に凄いですね。


局面で本当に際立っていました。


しかしながら、今回は途中のフォーメーション変更もあり、
あまり飛び出しが見れなかったのは残念でしたね。



■サラ―

リンデロフを背負ったり、ドリブルで試みたりと頑張ってはいたんですがね・・・

ディフェンスで利き足を切られてしまうと、どうも実力が半減しちゃいますね。
後はもうちょっと相手ディフェンスラインと中盤の間でボールを受けて捌いて欲しかったですね。

フィルミーノが交代してからは、なおさらやってほしかった。

ただ、マネもそうなんですけど、
もうちょっとパスの精度をあげましょうか笑



■フィルミーノ

前半で彼が負傷交代してから、全ての歯車が狂ってしまった気がします。

今試合の評価はできませんが、
次の試合には無事復帰してくれることを祈ります。

後、クロップにはフィルミーノ無しのプランBの精度を上げて欲しいものです。



■マネ

彼も思った様な活躍ができませんでしたね。

バイエルン戦後の反動でしょうか?
彼も含めて、前線の動きがあまり良くありませんでした。


後は・・・ちょっとパスが雑ですかね笑



スタリッジ《BAD》

喝ー!笑

プレスのかけ方がひどいですね。
今回のリバプールのフォーメーションはショートカウンターが基本軸のスタメンですから、
最前線のプレスがああ酷いと機能しなくなるんですよ。

プランBとして後半はオリギの後ろでプレーしていましたが、
もうちょっと動いて相手の守備陣をかき回してくれないとシャキリマネオリギもまともにプレーできないですよ。



シャキリ

相手のディフェンスをかき回す存在として投入されたハズなのですが、
周りの動きが悪く、彼1人ではどうにもできませんでしたね。

その後はRSMFとしてプレーしていましたが、
前線と上手く連携が取れず。

彼だけの話ではありませんが、
フィルミーノ交代後はどうにもプレーが単発で終わってしまっていたのが残念でしたね・・・



■オリギ

どうにも投入されるタイミングと周りの状況が良くないためか、あまり活躍できませんね。

彼は周りに活かされるプレーヤーですから、
今回の様な状況ですと、その影響をモロに受けてしまいます。

結果、何かをしたという印象が・・・無い笑




いかがだったでしょうか?

今回は色んな要素の影響でみんな満足にプレーができなかったという印象です。


これで、マンチェスター・シティとの勝ち点差が1になりました。
ただ、今回の様な不運な試合なんて1年という長いシーズンでは必ずあるので、
ここで貯金を使い切ったくらいに考えて、次のワトフォード戦に集中しましょう!