リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第27節 マンチェスター・ユナイテッド戦《リバプール 後編》

f:id:GK-lab:20190219185243j:plain
ナショナルダービー


※予想フォーメーション、予想キープレーヤーはコチラ。
gk-lab.hatenadiary.jp
gk-lab.hatenadiary.jp
gk-lab.hatenadiary.jp


さて、マンチェスター・ユナイテッド戦のキープレーヤー編ですが、
リバプール側はコチラでラストになります。

最後のキープレーヤーに選んだのはバイエルン戦でMVP級の活躍をした彼です。


それでは、どうぞ!


《予想キープレーヤー No3》
■アーノルド


彼がキープレーヤーの3人目になります。

彼は正直モウリーニョ政権におけるマンチェスター・ユナイテッドの狙い目でした。


言ってしまえばリバプールにとっての穴だったのです。


ですが、バイエルン戦の彼を見て確信しました。


アーノルドはもうリバプールの穴じゃない!
それどころか強力な攻撃力の1つだ!


今回は、そのアーノルドのキープレーを紹介します。


キープレーその1

f:id:GK-lab:20190224162845p:plain
1対1


「攻撃力だ!」とか言いながらいきなり守備の話をします笑


多分、この試合において何回か起きるであろうアーノルドとラッシュフォードの1対1です。


どんな試合でも1対1での局面は生まれますし、その局面での勝負が試合を左右します。

ラッシュフォードはその勝負がとても強いプレーヤーです。



しかし、バイエルン戦でコマン相手に1度も負けなかったアーノルドであれば、この局面だって大丈夫なはずです。

以前は不安だったこの局面も、今の彼なら安心して見れることでしょう。


キープレーその2

f:id:GK-lab:20190224162929p:plain
アーリークロス

キープレーその2はつい最近までアーノルドがそれほど得意では無かったプレーになります。


それは走りながらのクロスです。


アーノルドは止まったボールを蹴るのは上手いのです。

・・・しかし、走りながらのクロスの精度がやたら低かったのです。


ですが、これもバイエルン戦で活路が見えた気がしました。


最近、アーノルドはインナーラップもするようになってきたので、
このクロスも出来るのであればマンチェスター・ユナイテッド戦における重要な攻撃ピースとなることでしょう。



キープレーその3

画像は無いですが、言わずものがな、
フリーキックです。

ナショナルダービーは非常にフィジカルコンタクトが多い試合です。


ファールも必然的に増えることでしょう。


そうなると、アーノルドのフリーキックが活きてきます。


スカウサーがフリーキックで決めてユナイテッドファンを沈黙させるシーンを是非私たちに見せて下さい!





いかがだったでしょうか?

バイエルン戦の評価でも言いましたがアーノルドの成長が本当に著しいのです。


しかしながら、まだ伸びて欲しいプレーヤーなので、
このマンチェスター・ユナイテッド戦を機にまたもう一段階上の階段を登って欲しいですね!


さて、次回はマンチェスター・ユナイテッド側のキープレーヤーを紹介します。


それでは、また。