リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第27節 マンチェスター・ユナイテッド戦《予想キープレーヤー 中編》

f:id:GK-lab:20190219185243j:plain
ナショナルダービー

※予想フォーメーション、予想キープレーヤーはコチラ。
gk-lab.hatenadiary.jp
gk-lab.hatenadiary.jp


さて、前編の予想キープレーヤーに続き、今回は中編になります。

さっそく参りましょう!

《予想キープレーヤー No2》
■ダイク

バイエルン戦で欠場していた彼が今回のキープレーヤーの2人目です。

今回はルカクとの勝負という任務があります。
プレミリーグ屈指のフィジカルモンスター相手ですから、生半可な勝負ではありません。

ですが、こっちもプレミリーグ屈指のDFです。
休養もしっかり取れているでしょうから、フル回転でお願いしたいところですね♪



キープレーその1

f:id:GK-lab:20190224161840p:plain
空中戦

まずキープレーその1はルカクとの空中戦です。
前述した通り、ルカクはプレミリーグ屈指のフィジカルモンスターです。

彼を空中で野放しにしてしまうと、
アーノルド裏のスペースをガンガン突かれてしまいます。

モウリーニョ政権ではルカクフェライニを抑えきれなかったことからラッシュフォードに2点も献上してしまった試合もあります。


それだけは絶対に防がなかればなりません。


そのためにはまずルカクとの空中戦をダイクが勝つ必要があります。
まぁ、彼であれば問題ないと思いますが、ここの試合におけるキープレーの1つになるでしょう。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190224162348p:plain
縦パス

キープレーその2はサラ―のキープレーその1に近いですが、
ダイクの縦パスと展開がコチラのキープレーになります。

もし、マタ辺りがファビーニョにマークしていたとしたら、ファビーニョの縦パスはあまり期待できないかもしれません。
そこでダイクの縦パスサイドチェンジが必要になります。


もしファビーニョが上手くパスができないのであれば彼のパスがサラ―とアーノルドを活かすことになるでしょう。



キープレーその3

f:id:GK-lab:20190224160641p:plain
マティブのスペースカバー

キープレーその3はマティブのカバーですね。
マティブのドリブルで上がるのは非情に面白いプレーですが、CBのドリブルは一度相手に止められてしまうと、
ショートカウンターの餌食となってしまいます。


一長一短の非情にリスキーなプレーです。



しかしながら、今回のパートナーはこのダイクです。
ダイクには、もしマティブがボールを取られた際のリスクヘッジをしてもらいます。


可能な限り時間をつかわせて、マティブの帰陣を待ちます。
ここは非情に難しいプレーですが、彼であれば安心して見ることができるでしょう。


「ファン・ダイクここにあり!」

その姿を見せて下さい!





いかがだったでしょうか?

バイエルンミュンヘン戦のファビーニョも素晴らしかったですが、
やはりダイクの存在はチーム全体に影響しますからね。

この試合、1点たりともやらないという気概で行って欲しいですね♪


それでは後編にいきましょう!