リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

PL第27節 マンチェスター・ユナイテッド戦《予想キープレーヤー リバプール前編》

f:id:GK-lab:20190219185243j:plain
ナショナルダービー


さて、予想フォーメーションに引き続き、
予想キープレーヤーを紹介しますね!

※予想フォーメーションはコチラ。
gk-lab.hatenadiary.jp


マンチェスター・ユナイテッドですが、
監督がスールシャールになってから初めての戦いになります。

よってどんな戦術を取ってくるかが正直あまり読めません。
モウリーニョの時はハイボールルカクが競り、アーノルドの裏をラッシュフォードが狙うという一貫した戦術を取っていたのですが、
今回はどうなるのでしょうか?

とは言え、まずはリバプール側のキープレーヤーを紹介します。

それでは、どうぞ!


《予想キープレーヤー No1》
■サラ―

まずは彼がキープレーヤーの1人目です。
最近、大量得点をしているイメージがあまりありませんが、
このダービーで2点くらい取ってくれるのではないかと私は密かに期待しています笑


その得点に携わるプレーを紹介しますね!

キープレーその1

f:id:GK-lab:20190224145829p:plain
間で受ける

キープレーその1はディフェンスラインと中盤の間でボールを受ける、もしくはリンデロフを背負ってボールを捌くプレーです。

前回、お話した様にポグバはマンチェスター・ユナイテッドだとそこまでディフェンスの意識が高くありません。
詰めが遅かったり、アリバイ守備が目立ちます。

今回の試合では可能な限り、そこを突きたいのです。

逆にエレーラマティッチの左側は2人でパスコースを塞いだり、プレスが早かったりと、
結構攻略に苦戦しそうなのでコチラから攻めた方がいいでしょう。


このシーンで言えば、まずフィルミーノがフリーランでマティッチをサイドに連れ出します。
そして、マティッチとポグバの間が空いたら、サラ―がディフェンスラインと中盤の間に降りてきます。

そのサラ―めがけてファビーニョが縦パスを入れるというシーンですね。

そしたらサラ―アーノルドワイナルドゥムでトライアングルができるので、
パスを交換しつつ、④のスペースをめがけて上記の3人の誰かが侵入するという形になります。


ショーは割とスピードがあるので、彼はアーノルドが引きつけ、
初速の早いサラ―か、距離的にトップスピードになりやすいワイナルドゥムが突くのが良いと思います。



キープレーその2

f:id:GK-lab:20190224151217p:plain
外から中へのドリブル

これも右サイドからの攻めになりますね。
コチラも前提としてはマティッチを誰かが封じている必要があります。

やはりフィルミーノが適任ですかね。


そうしたら、サラ―が外から中へ切り込みます。
しかしながら、やはりショーの存在が少し邪魔です。

なので、アーノルドのオーバーラップを組み込みます。
もし、ショーがアーノルドについて行けば、ミドルシュートないし、ペナルティーエリアにドリブルで侵入しましょう。

ショーがついていかなければアーノルドにパスをすればいいですからね。


ちなみに、緑の矢印がシュートです。


このシーンですが、ちょうどFAカップマンチェスター・ユナイテッドチェルシーアザールが似たようなプレーをしていました。


アザールにできてサラ―にできないことは無いでしょう笑



キープレーその3

f:id:GK-lab:20190224144422p:plain
カウンター

やはりカウンターでしょう。

シーンは相手のコーナーキックからになります。

場面はアリソンがボールをキャッチしてからロバートソンにスローしています。
その後、サイドに流れたフィルミーノが全速力で上がるサラ―とマネに合わせるシーンです。


得意のカウンターパターンですね。

しかし、キーパーで無くても弾いたボールをしっかりフリーのプレーヤーにつなぎ、
サラ―とマネを走らせることができればOKです。

幸い相手のディフェンスラインでサラ―とマネに追いつけそうなのはバイリーショーくらいです。
もし、図のようにショーをフィルミーノが引きつけることができれば、相当有利なカウンターになるでしょう。


これができれば得点だって難しくありません。






いかがだったでしょうか?

個人的にはサラ―が大分調子を上げている様な気がしているので、
今回のダービーで大活躍を期待しています!


さて、それでは中編に参りましょう。