リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

CLベスト16 バイエルン・ミュンヘン戦《リバプール予想キープレーヤー後編》

f:id:GK-lab:20190207223506j:plain
バイエルン・ミュンヘン


バイエルン戦の日時はコチラ。
gk-lab.hatenadiary.jp

※前回の記事はコチラ
gk-lab.hatenadiary.jp
gk-lab.hatenadiary.jp
gk-lab.hatenadiary.jp



さて、中編に続き、今回は後編になります。
きっと彼がリバプールディフェンスを安定させてくれることでしょう。

それではキープレーヤーの3人目を紹介します!



【キープレーヤー No3】
■アリソン

キープレーその1

フィールドプレーヤーももちろん大事なのですが、やはり彼の存在無くしてこの試合を勝つことは出来ないでしょう。

まず、彼にやって欲しいのはディフェンスラインの安定化です。

バイエルンはメンバーもかなり攻撃的です。
シュートをゼロに抑えることは100%無理と言っていいでしょう。

ですが、そのシュートを枠に飛ばさせない、もしくはアリソンの正面でキャッチできる様にすることはできます。


それは、彼のコーチン無くしてはできません。

今回はダイクという絶対的な柱がいないわけですから、なおのこと彼にはコーチングを頑張って欲しいですね。



キープレーその2

キープレーその1同様、画像は無いですが、
もう1つのキープレーは状況判断力になります。

セービングや、空中戦など目立ったプレーではないですが、
素早く判断し、スローイングでフリーのプレーヤーに繋ぎ、カウンターを狙う。


特にこういった状況ですと、バイエルンに攻められているケースです。

キミッヒの裏には広大なスペースが空いていることでしょう。


狙うは、そこです!


キープレーその3

f:id:GK-lab:20190218065237p:plain
パントキック

彼のパントキックの正確性がキープレーの3つ目になります。
ビルドアップもさることながら、いかにチアゴを競らせるか、そして対人戦がそこまで強くないフンメルスをいかに競らせるかです。

これが決まるといっきにコチラが攻勢になります。
例えば、フィルミーノにフンメルスに競らせてセカンドボールを狙う。


ゲーゲンプレスに慣れているリバプールにとっては、セカンドボールを拾うのはある意味得意なハズです。
そこからショートカウンターでサラーが裏を狙えれば、1発で大チャンスですね。


反対にズーレは対空戦も強いので絶対に競らせてはダメです




いかがだったでしょうか?
アリソンに関してはセービング、空中戦、ポジショニングと高いレベルにありますが、キックの精度や状況判断の素早さ、リーダーシップも持ち合わせているプレーヤーです。

・・・このバイエルン戦はアリソンにとって忙しい試合になると思います。


よって彼をキープレーヤーの3人目にしました。
彼ならきっと期待に答えてくれることでしょう!


さて、次回はバイエルン側のキープレーヤーを紹介します。

それでは!