リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

2019/2020予想フォーメーション《FW 後編》

f:id:GK-lab:20190211213642p:plain

予想フォーメーション

 

さて、長きに渡って書きました2019/2020シーズンの予想フォーメーションですが、今回でラストになります!

 

当初は7回に分けての掲載なんて全く予想していなかったのですが、

とりあえず1つの企画を終わられたことに満足です♪

 

・・・1度、心は折れましたが笑

 

※【GK、DF編】【MF編】【FW編】はコチラ

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

 

 

さて、今回は最終回のLWGです。

ここもRWGやCF同様、不動の3トップの1人であるマネが存在しています。

 

そして、3トップ同様、彼らの牙城を崩せるプレーヤーが今のリバプールには存在しません

ただ、それがリバプールにとっての弱点になってはいないのもまた事実。

 

その場合、この部分を新たに補強する必要があるのか?

すでに画像で表していますが、文章にて改めて紹介したいと思います。

 

それでは、どうぞ!

 

【LWG】

■マネ

サラー、フィルミーノ同様、当確間違い無しのファーストチョイス

上下に激しい運動量と強度の高いプレスに両足で強烈なシュートが打てる。 

パスが荒いというデメリットがあったとしても、有り余る貢献度。

さすがは「10番」、リバプールを体現した様なプレーヤーです。

 

逆にサラー、フィルミーノ、マネがいるから、ある程度の実力を持ったプレーヤーでもリバプールのスタメンになるのは難しい」と判断して移籍して来ないのかもしれませんね。

これが前線の補強が滞っている1つの理由な気がします。

 

 

■ケイタ

マネの出場が難しければ、彼がセカンドチョイスでしょう。

オリギという選択肢もあるかもしれませんが、RWGの時にお話した理由から個人的に彼のWG起用は難しいと感じています。

マネほどではありませんが、彼も激しい上下運動がある上にプレスのマインドもあり、マネよりも高いパス精度と繊細なボールタッチができます。

よってケイタのWG適正はあります。

 

・・・が、よほどのことが無い限り、彼をWGでは使わないでしょう。

できれば、彼はLMFで使いたいですからね。

彼のWGはマネが負傷した時か、カップ戦のターンオーバーでしか可能性は無いでしょうね。 

 

■オジョ

RWGで紹介した期待のヤングスター

ここでは序列が3番目です。 

なぜ、カマーチョより序列が高いかと言うと、彼のフィジカル能力の高さが理由です。

単純なドリブルセンスならカマーチョの方が上かもしれませんが、カマーチョではまだゲーゲンプレスで必要な運動能力と守備強度が足りないと思うのです。

オジョのフィジカル能力はヤングスターの中でもピカイチです。

プレシーズンに戦術さえ浸透すれば、いっきにカップ戦要員まで序列を上げるかもしれません。

 

 

カマーチョ

LWGに控える期待のヤングスターその2

個人的にはオジョがサードチョイスだと思いますが、

カマーチョの場合は控えながらも、今シーズンに試合に出ていますからね。

やはり、ゲーゲンプレスを体に浸透させつつの実戦経験は貴重です。

 

・・・個人的には来季のプレシーズンでオジョとカマーチョがLWGのポジションでしのぎを削り合うのを楽しみにしています。

カマーチョに感しては、そのプレシーズンで私のちゃちな予想を覆してくれることを切に願います。

 

 

 

2019/2020予想フォーメーションの最終回《FW後編》

いかがだったでしょうか?

 

「WGになんでララーナを入れないんだ!」「ワイナルドゥムだってWGできるだろ!」「チリベジャは?ジョーンズは?」「フェキル来るかもしれないだろ!?」

 

色んなご意見があると思います。

 

ですが、これはあくまで私の予想です。

逆に、リアルな私の周りですとそういった話ができる相手がいませんので、コメントいただけるとすごい嬉しいです笑 

 

さて、今回でコチラの企画は終わりましたが、

また来シーズンの今ごろに2020/2021シーズンの予想フォーメーションを書きたいと思います。

 

それでは、また!