リバブールFCが好きな人、ちょっとおいでよ

liverpool応援してはや十数年。liverpoolネタを中心としたブログです。めざせ毎日更新(笑)

2019/2020予想フォーメーション《MF編 後編》

 

f:id:GK-lab:20190211213642p:plain

予想フォーメーション

さて、力が溜まりましたのでMFの後編を書きたいと思います笑

 

それでは早速いってみましょう!

※《GK、DF編》、《MF編 前編》はコチラ 

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

gk-lab.hatenadiary.jp

 

 

 

【LCMF】

チェンバレン

ここの中盤はドリブルで相手を崩しながらチームの推進力を上げることのできるプレーヤーが選ばれると思います。

ディフェンスラインを低く構える相手には必須のポジションになります。

そうなると、このポジションのファーストチョイスチェンバレンかケイタの2択になるでしょう。

どちらもドリブルが非情に上手く、パスの精度も高い。

ミドル・ロングのシュートも正確なのですが、

もちろん、ケイタも徐々に良くなって来ていますが、個人的にここはプレミリーグでの実践経験、一日の長を活かしてチェンバレンを推したいと思います。

 

 

■ケイタ

もし、チェンバレンがファーストチョイスであれば、彼がセカンドチョイスになるでしょう。

ただ、ケイタとチェンバレンではドリブルの質が違いますので、

後半の交代で変えると非情に面白い交代策になるのでは無いでしょうか?

彼ら2人の本当に素晴らしい所は、攻撃に対して非情に高いスキルを持っていながらも守備に対して手を抜かない所。

しかも、ゲーゲンプレスというのはただボールホルダーにプレスをかけるだけの戦術では無い為、割と繊細な動きが必要となってきます。

 

もちろん、それは攻撃時も同様です。

きっとそこの部分がケイタは慣れていなかった為、結果として期待ハズレと言われてしまったのでしょう。

 

私はこのポジションの3番目にラビオ、そして4番目にケントを推していますが、

移籍してきたばかりのラビオ、そしてレンタル中のケントはその戦術の適応に時間を要する為、2019/2020シーズンはほぼチェンバレンとケイタの2人がここのポジションを担うことになると思います。

 

 

■ラビオ《パリ・サンジェルマン

RCMFでも書きました、私の予想移籍プレーヤーです。

チェンバレンやケイタの様な推進力のあるドリブルは現所属のパリ・サンジェルマンでは多用はしていないものの、ドリブルでの突破は少なからずしています。

どうしても、リンクマンパサーのイメージが強いプレーヤーですけどね。

188cmという身長に似合わない繊細なボールタッチを彼は持っていますので適正はあると思います。

ドリブルってスピードももちろん大事ですが、相手からボールを取られない位置にボールを置いて進めるドリブルができれば、極論そこまでスピードはいりません。

バルセロナで現ヴィッセル神戸アンドレス・イニエスタのドリブルがそれに近いですよね。

ただ、上記の戦術的な理由から2019/2020シーズンは控えに甘んじることでしょう。

後半戦からは・・・もしかしたら分からないですけどね。

 

いきなりそこまで要求はできないですが、適正はあると思いますので、

将来が非情に面白いと思います。

 

■ケント

期待のヤングスターその2。

アカデミーの逸材と言われ何年が経ちましたでしょうか。

彼ももう22歳です。

 

かつて、アカデミーの同僚が口をそろえて1番サッカーが上手いのはこのライアン・ケントだというくらいのプレーヤーです。

プレースタイルはドリブルをしつつもパスで敵陣を翻弄し、スキあればシュートを狙う。

 

どちらかと言うとパスが目立ちますが、相手によってはドリブルを積極的に仕掛けるシーンもありました。

個人的にはアカデミー出身で1番期待しているプレーヤーです。

 

何とか来季のプレシーズンでその可能性を見せて、チェンバレンとケイタをビビらして欲しいモノです笑

 

 

・・・以上がMF後編になります。

このポジションはドリブルの必要性に迫られる為、試合においてのキーポジションになります。

ここが活きれば前線も活性化しますし、中途半端な場所でボールを取られようものなら、ゲーゲンプレスの性質上そこが完全な穴になります。

 

なので、チャンピオンズリーグパリ・サンジェルマンなどではミルナーワイナルドゥムヘンダーソンという守備を優先にしたフォーメーションにしましたしね。

 

あれを見て、「クロップて思った以上に守備の人なんだなー」って思いました。

 

やはり、戦術の基本軸であるゲーゲンプレスをブレさせたくなかったのでしょう。

 

さて、次はFW編にいきます!

 

始めに言っておきますね。

絶対、《前編・後編》になります笑